カキタクナッタラ

出力することを忘れないように何かを書きます

のんびり盛り上がらずにブログを続けていけたら良いと思う

f:id:d3dayo:20170226013017j:plain

このブログをつい最近始めるまではしばらくブログをお休みしていました。ブログだけに限らずTwitterとかFacebookとかInstagramとか、ありとあらゆるツールでのアウトプットをお休みしていました。


このブログを始める前に更新していたのはWordPressで構築したブログです。WordPressの場合は基本的に自分でサーバーを用意して(レンタルして)ドメインを取得してという感じでブログを構築・更新していくのですが、お休みしていた理由は綺麗に言えば忙しさにかまけてサーバー自体の契約更新を忘れてしまって(思い出した頃には面倒くさくなってしまって)、そのまま公開していたサイトそのものが無くなったというパターンです。

確かにその時期はあまりPCやスマホの画面に向かう時間がとれなかったというのも事実なんですが、それ以上にブログを書くモチベーションが上がらなかったというのが背景にあるんだと思います。

ブログとして何かをネット上に書き残す以上は少なからずとも誰かに読んでもらいたいから書いています。本当に自分だけが読めるものでいいのなら、わざわざブログに書くことはしませんし、テキストエディタとしてブログが最も使いやすいツールだとしても、きっと公開制限をかけて自分だけが閲覧できる状態で日記を書き綴ると思います。

そうせずにわざわざブログという場所に何かを書くのはやっぱり誰かしらには読んでもらいたいからなのです。

でも、読まれすぎても何だか疲れてきちゃうんですよね。もっと細かく言えば数多くの人に読まれることでブコメなりTwitterなりで何らかの反応が増えると、どうしてもそういう人からの目というのが気になってだんだん更新することが窮屈になってくる節が自分にはどこかあるのです。

かと言って、全く読まれないのも反応がないのも記事を書くモチベーションに繋がらないという何とも贅沢な優柔不断な感じの悩みを常に抱えながら、それでも基本的にはブログという場で長文を書いたり知識をまとめたりすることは嫌いじゃないので、少し休んでもまた書きたくなってしまうのです。

稀に何かの事故が起きて記事がバズってしまったりすることもありましたが、で、バズると本心ではやっぱり嬉しいし脳汁が溢れ出る感覚もわかるんですが、同時に自分がイメージできる範疇を超えて記事が1人歩きしていくことも不安に感じるんですよね。

そして訪れた快感の大きさだけ、以後の記事作成において何だか妙なプレッシャーを感じてしまって書きたいことが書けなくなってしまったり。

だから、このブログは別にバズったり本当にしなくていいから、そこそこ人が読んでくれて良い感じでその中から常連になってくれる人が現れて、ゆるーい感じでたまにコミュニケーションがとれたりする、そんなゆったり感を維持しながら続けていければいいなと思っています。

とりあえず本当にひっそりと長く続けていきたい。でもあんまりひっそりしすぎずそこそこな感じで。

ちなみに、、だったらはてなブックマークというものとの親和性が低いWordPressでブログを再開したほうが良かったんじゃないかとも思いますが、今回復活の場をはてなブログにしたのは純粋にはてなブログのダッシュボードやエディタが使いやすいからです。あとはサーバーの更新とかも不要で楽ですし。(更新し忘れてまたブログが消えたら困ります)


でででーさん
d3dayo.hateblo.jp