カキタクナッタラ

出力することを忘れないように何かを書きます

Chromecast第1世代を数日使ってみて感じたこと

f:id:d3dayo:20170321122846j:plain

より新しいものが既に登場している中で、いまさらChromecast第1世代のことを記事にするのは大変恐縮ではありますが…。


まずはお試しで使ってみてほしいという気持ちを込めて、先日プレゼント用途でChromecast第1世代をゲットしました。

d3dayo.hateblo.jp


自分の環境で初期不良などないか検証してみたところ、全く問題なく使用することができたので、早速プレゼントしてセットアップを手伝い、私も一緒に数日間使ってみました。

この記事では数日間使ってみて感じたChromecastのアレコレ(主に利点)について書きたいと思います。


YouTubeのキャストがすごくいい

f:id:d3dayo:20170321162058j:plain

これまでYouTubeの動画をテレビの画面で観る機会は、以前ジェイコムを使っていた時にスマートテレビボックスというAndroid搭載のセットトップボックスを介して観た時しかありませんでした。

その時から、動画はスマホタブレットの画面よりもPCの画面よりも、テレビの画面で観たほうがいいと思っていましたが、いかんせんスマートテレビボックスはテレビリモコンが主体の操作になってしまうため、目的の動画を見つけるまでの作業に手間がかかりました。

しかし、Chromecastがテレビにささっていれば、動画を選ぶ作業は日頃から慣れているスマホやPCですることができますし、「キャスト」ボタンをタップ(クリック)するだけで、すぐにテレビの大画面へ動画を転送してくれます。それにテレビリモコンと違って、リモコンの向きとか関係なく操作がちゃんと効いてくれます。

試しにキッズも楽しめそうなコンテンツをキャストしてテレビで再生してみたのですが、大人にとってもその便利さが楽しいし、7歳児の子供にとってもすごくヒキは強かったみたいです。ものすごく興味を持っていました。

しかもキャストでYouTube動画をテレビ画面に飛ばしつつ、スマホやPC自体では他の作業を同時進行ですることができるので(もちろん他の画面に映らず)子供にキャストで動画をみせつつ、自分はやらなければいけない他の作業をキャストせずに並行してその端末で続けるということもできるわけです。

これは予想以上に大変便利なものだと思いました。

寝る前にはキャストでイージーリスニング系の音楽をテレビから流してみたり、子供が勉強している時にはスローな感じのクラシック名作集をテレビから流してみたり、本当にいろいろな使い方ができそうです。


ミラーリングもとてもいい

f:id:d3dayo:20170321162216j:plain

ChromecastはAndroidスマホの画面やPCのChromeなら選択したタブの画面をそっくりそのままテレビにミラーリング(複製)することができます。

実際に使ってみるとこの機能もかなり便利で、例えばスマホで撮影した動画をそのままスマホで観ると、どうしても画面が小さくて細かい部分が見づらくなってしまいますが、Androidの画面をテレビにミラーリングした状態で動画を再生すればスマホで撮影した動画を一旦PCに移したりDVDに焼かなくても、そのまま大画面で観ることができます。

例えば子供がやっている習い事(スポーツ)のフォームをチェックするために、親御さんが動画を撮影して子供と一緒にチェックしたりすることがあると思いますが、大画面で確認しようと思えばデジタルビデオカメラの出動を余儀なくされるところだったと思います。

しかしChromecastがあれば、サクッとスマホで動画を撮影して画面をミラーリングすれば、動画を他の媒体に移さなくてもスマホでそのまま再生するだけでテレビの大画面に映し出されるので(横画面にも対応)これまでよりも手間がかからなくなりそうです。(体験談)

あとはChromeで開いている特定のタブをミラーリングしてテレビに映し出すことができるのでこんな時にも便利です。

よく会社で会議をする時に大きな会議室だとプレゼンをする人が、その都度モニターの近くに移動してD-SubやHDMIをさして自分の画面を映し出す光景があると思いますが、Chromecastに対応しているモニターを会議室に用意すれば、ChromeのタブをミラーリングしてOffice OnlineやGoogleドライブに保存したプレゼンテーションファイルをワイヤレスでスライドショーすることもできます。(座席の移動がない、座席にとらわれることがない)

またミラーリングするタブとして選択していない別のタブは決してモニターに映し出されることがないので、例えばミラーリングで見せたいデータを見せつつ、自分は別タブを開いて他の人には見せたくない作業を見られることなく続けることもできます。ミラーリングでエクセルシートのタブを見せつつ自分のPCの画面ではカンペを開いたタブを見たりすることができる


フォトやミュージックへの対応も便利

f:id:d3dayo:20170321162515j:plain

ChromecastにはGoogleフォトに保存した画像やGoogle Playミュージックの音楽もキャストすることができますが、これも普通に便利です。

まずGoogleフォトの画像をテレビの大画面でゆっくり眺められるのは特に言うこと無しでいいですね。スマホ上で画像をスワイプすればテレビに表示される画像も連動して切り替わるのでスライドショーのように映し出すことができます。

それからGoogle Playミュージックに保存している音楽たちもキャストしてテレビから再生することができるので、手持ちの曲を簡単にリビングのBGMとして流したりすることもできます。私が持っているPCやスマホなどと比べると、やはりテレビのほうが音も普通にいいので個人的にはこれも良い機能だと思いました。


iPhoneだと便利さ半減

f:id:d3dayo:20170321162740j:plain

実際に使ってみて改めて思ったことは、Chromecastの便利さを最大限発揮できる環境はやはりAndroidかPC(Chrome)だということです。

iPhoneだとミラーリングができないし、キャストに対応しているアプリも限られているのでYouTubeさえテレビで観られればいいという人にはそれでもいいかもしれませんが、Chromecastでいろいろトリッキーに立ち回ってみたいという人にとっては消化不良な感じになるかもしれません。

iPhoneでもAndroidでも実際に試してみましたが、やはりミラーリングができる時点でChromecastとの相性はAndroidに軍配が上がります。(同じ会社の製品だし当然ですかね)


おわりに

以上が数日間Chromecastを使ってみた上での雑感でした。個人的に今後やりたいことは誰かの誕生日を祝う時にサプライズ動画を予め作っておいて、タイミングよくキャストしてテレビの画面に突然流してあげたりをしてみたいと思っています。

使い方次第で(特にミラーリングは)本当にいろいろなことができると思うので、トリッキーにChromecastを活用してリビング事情をより快適にしていけたらと思っています。


でででーさん
d3dayo.hateblo.jp