カキタクナッタラ

出力することを忘れないように何かを書きます

フライパンで誰でも簡単に作れるもんじゃ焼き(梅入り)レシピの紹介

f:id:d3dayo:20170404114626j:plain

もんじゃ焼きは見方によってはアレに見えるのでアイキャッチにする写真の選定に困ります^^;

さて、ここのところずっと「もんじゃ焼きが食べたい」と独り言で言うくらいにはもんじゃ焼きが食べたかったのですが、近所に良い感じのもんじゃ・お好み焼き屋さんもないし、自分で作ることにしました。


ホットプレートも持っているけど、どこかにしまい込んでいて、出したりその他の処理も面倒なので…今回はフライパンでサクッと作ってみました。そして、その際のレシピを記事で紹介しようと思います(^^)


必要な材料

・薄力粉
・水
・醤油
・ソース
・鰹だし(鰹節)
・キャベツの千切り
・桜えび(お好みで)
・ベビースターラーメン(お好みで)
・梅干し1個(隠し味)


調理方法

ここから調理方法を紹介していきます。すごく雑な男が作っている漢の料理のレシピなので、分量をしっかり量っていないのがとても問題です。一応、大体の目安としてそれっぽい分量は記載したいと思いますが、それが数値として正しいことやら…^^;

出汁作り

1. ボールに薄力粉を20〜30gいれます。(大体写真くらいの量ですが、もんじゃにした時のねっちゃり感を強く味わいたいのであればもう少し入れてもいいかもしれないです)
f:id:d3dayo:20170404115833j:plain

2. 鰹だしをスプーン一杯分くらいいれます。(鰹だしがなければ入れなくても大丈夫です)
f:id:d3dayo:20170404122827j:plain

3. 水を300ccくらい注ぎます。(私は量れるものを持っていないのでコップに水を注いで350mlの缶ビールより少ないくらいという適当な感覚で注ぎました(笑))
f:id:d3dayo:20170404124642j:plain

4. 醤油とソースをスプーンニ杯分くらい注ぎます。
f:id:d3dayo:20170404124915j:plain

5. 味がついてきた出汁に鰹節を適量(鰹節の小袋1/3くらい)まぶします。(鰹節がなければ入れなくても大丈夫です)
f:id:d3dayo:20170404125119j:plain

6. ここまで出来たらスプーンで出汁をよく混ぜます。
f:id:d3dayo:20170404125238j:plain


具材の準備

1. キャベツを千切りして出汁に投入します。
f:id:d3dayo:20170404125414j:plain

2. 【隠し味】梅干し(1個)の実を細かくつぶして出汁に投入します
f:id:d3dayo:20170404125836j:plain

3. 桜えびやベビースターラーメンを大胆に(気持ち多めでOKです)投入します。(お好みで細かく砕いた餅やチーズを入れても美味しいです(^^))
f:id:d3dayo:20170404125646j:plain

これで出汁と具材の準備は完了です\(^o^)/

焼きの工程

1. フライパンをよく熱して表面全体になじむように油をひきます。
f:id:d3dayo:20170404130248j:plain

2. 中火くらいで具材から先にフライパンへ落としていき炒めます。(この時に中心部がドーナツみたいになるように具材で土手を作ります。写真のは下手くそな例です^^;)
f:id:d3dayo:20170404130502j:plain

3. 具材に火が通ってきたら出汁をドーナツの部分に投入してじっくり炒めます。
f:id:d3dayo:20170404130658j:plain

4. あとは水分が飛んで出汁のねっちゃり感が出るまで中火でじっくり炒めます。(一定箇所だけが焦げ付かないようにスプーンで細かくかき混ぜながら炒めるといいです(^^))
f:id:d3dayo:20170404130852j:plain


これでフライパンだけで簡単に作れるもんじゃ焼きの完成です\(^o^)/



さて、ここからは絵的にアレッぽいので閲覧注意で願いますm(__)m



f:id:d3dayo:20170404131253j:plain

こんな感じになりました!

複雑な料理工程は一切なく、誰でも簡単に鉄板やヘラがなくても作ることができます(^^)


それにしても見てくれが悪い…(-_-;)写真用にするのなら緑を何か置いておいたほうが無難ですね(・・;)


おわりに

見栄えは本当によくないのですが…味は美味しかったです!うちのオトンからも「これは美味い!」と星3つを頂くことができました(^^)

お酒のツマミとして戴く際は、味に何らかのアクセントがあったほうが好ましいだろうということで、今回は隠し味につぶした梅の実を投入しましたが、この采配が大当たりしたようです\(^o^)/

出汁全体に梅の引き締まった味が広がって美味しかったですよ〜!ぜひお試しあれ!


これまでに紹介した料理レシピのまとめはこちら
d3dayo.hateblo.jp



でででーさん
d3dayo.hateblo.jp


ページTOPへ