カキタクナッタラ

出力することを忘れないように何かを書きます

お題スロットを「×」で非表示にしたら使えなくなるという罠にハマった時の解決策

f:id:d3dayo:20170418185519j:plain

私はたまにはてなブログ提供のお題スロットを使って記事を書くんですが(特にネタがない時)ここしばらく、お題スロットのお題に寄せる記事を書いていません。その理由は…記事エディタ上に表示されるお題スロットの項目が出てこなくなったからです(-_-;)

お題スロットを使わない人にとっては、大した問題ではないと思いますが、私のようにお題スロットのネタでお茶を濁すことで日々更新を継続している身としてはけっこうな死活問題でして…^^;

もしかしたら、私と同じようにお題スロットをボチボチ使うという人は、私が今回ハマった罠にも同じようにハマるかもしれないので…どんな罠か?という点と、罠にハマってしまった場合の解決方法をいくつか記事として残したいと思います(^^)


罠の詳細(非表示にしてしまった)

特に何も弄っていない状態であれば、記事を書く時にエディタ上の部分にお題スロットの項目が以下の画像のように表示されているはずです。

f:id:d3dayo:20170418083801p:plain

この表示されている項目を選択すると画面中央にお題スロットの画面が表示されてお題を選ぶことができるわけですが…

f:id:d3dayo:20170418083400j:plain

この機能を使わない人や、表示が鬱陶しく感じる人は、お題スロットという文字の右側に表示されている「×」を選択することで、この項目を非表示にすることができます。

f:id:d3dayo:20170418083747p:plain


しかし、このサラッと非表示にできてしまうことが罠で…非表示にすると、以後ここには表示されなくなってしまうんですねΣ(・∀・;)

f:id:d3dayo:20170418124556p:plain

こうなってしまうと、私のようにお題スロットで記事を書くことが生命線の一匹の雄には、非常に苦しい展開になります(本当はここにお題スロットが表示されなくなって、2週間弱くらい存在そのものを忘れていました(笑))


いくつかの解決策

さて、こうなってしまうと、もう2度とお題スロットが回せなくなってしまうのかと言えば、そうではありません。ちゃんと解決する方法はいくつかあるのでご安心ください(^^)

ただ、状況によっては、最も簡単な解決策が使えない場合もあるので、これから解決策をいくつかに分けて紹介していきます。

今週のお題」の表示がある場合

非表示にしてしまったのが「お題スロット」の表示のみなら話は早いです。

お題スロットの表示は消えてしまっていても「今週のお題」の表示がある場合には、「今週のお題」をまずは選択します。

f:id:d3dayo:20170418125424p:plain

すると、「今週のお題」の画面が中央に表示されるので、画面下部にある「お題スロットを開く >」を選択します。

f:id:d3dayo:20170418125702p:plain

こうすることで、いつも通りにお題スロットからお題を選択することができるようになります。

今週のお題」の表示もない場合

これはけっこうありがちなことだと思いますが、お題スロットの表示を消した時に今週のお題の表示も一緒に「×」で消している可能性がありますが、この場合には上記の方法が一定期間使えません(今週のお題も表示されないので)

この場合の解決策はまず1つ目は木曜日まで待つということです。今週のお題は基本的には木曜日に新しいお題へと更新されるので(たまにイベント中は2週間くらい更新されないこともある)お題の更新と同時に、非表示にしてしまった「今週のお題」の表示も記事エディタ上に復活します。

復活すれば上記の方法で「今週のお題」の画面から「お題スロット」の画面に遷移してお題を選択することができますが…


もし、待つことはできない「今すぐお題スロットを回せないと困る!」という場合には、2つ目の方法として別のブログを作って回したお題スロットのリンクを本ブログのエディタ内に貼るというトリッキーな方法もあります。

つまりどういうことかと言いますと…普段使っているブログとは別のブログ(アカウント)を作って、そっちの記事エディタを表示すれば「お題スロット」の表示が消えていない状態なので、そっちでスロットを回して記事に挿入されたリンクタグを本ブログの記事内に貼り付けるというやり方です。

試しに別のブログで記事エディタを表示させると、このように「お題スロット」の表示があるので選択してお題を決めます。

f:id:d3dayo:20170418182808p:plain

お題を選ぶと、エディタ内にお題へのリンクタグが挿入されるので、このタグをコピーして本ブログの記事へ貼りつけます。

f:id:d3dayo:20170418183100p:plain

こうすることで、元々は表示されていたお題スロットを回した時と同様に、お題に沿った記事を作成することができるわけですが…わざわざここまでやるよりも…私なら木曜日まで待ちます!(笑)


あとは書きたいお題が決まっている場合には、そのお題に沿って書かれている記事を見つければ、その記事からお題のページへのリンクに辿り着き、お題のページから自分の記事へお題のリンクタグを挿入するといった方法もあります。

f:id:d3dayo:20170418183813p:plain

が、しかし、これも説明を書いている時点でややこしいので(^_^;)

最も無難な方法は木曜日まで待って「今週のお題」から「お題スロット」を表示させることだと思います(^^)


おわりに

なんか…もっとボタン一発で表示を戻せるようなメニューとかあるといいんですけどね^^;

短時間ではありますが、私が探した限りではそういうメニューの類はありませんでした(-_-;)

エディタの画面に表示がゴチャゴチャあるのを嫌う人は、けっこう今回紹介したこの罠にハマる可能性があるような気がするので…もう少し設定を戻しやすくしてくれるとありがたいですよね(笑)


でででーさん
d3dayo.hateblo.jp