カキタクナッタラ

出力することを忘れないように何かを書きます

私がスマホで画像加工をする際に長年愛用している「Snapseed(アプリ)」の話

f:id:d3dayo:20170502122834j:plain

このブログにアップしている風景の写真や食べ物(ラーメン)の写真も多少加工して綺麗にお直ししてから貼り付けていますが(私自身の下手くそな撮影技術をごまかすためにも(^_^;))そういった加工は全て今回紹介する「Snapseed」というアプリでやっています。無料で高機能ということもあり、使っている人も多いアプリですし、ネットにたくさん情報はあると思いますが、私自身、もう何年もこのアプリのお世話になっているので、改めてこのアプリでよく使っている3つのフィルタについて、今回は簡単に使い方をご紹介したいと思います。


Snapseed


Snapseed

Snapseed

開発元:Google, Inc.
無料

posted with アプリーチ

Snapseedは2012年頃にGoogleが買収した元々はiOSのカメラアプリで、その後Androidにも対応するようになり、しばらくが経ちました。とても高機能なのですが、iOS・Android共に無料で使えてしまう大変ありがたいアプリです。


オススメのフィルタ

さて、ここからは実際にSnapseedの機能性を紹介すると同時に、私がオススメしたいフィルタをシーン別に分けて紹介をしていきたいと思います。

空(雲)のある画像にはドラマというフィルタ

最初に紹介したいのが、このドラマというフィルタです。このフィルタは空や雲が入っている写真にかけるとものすごく映えます。

例えばこの多摩湖(村山貯水池)の写真をサンプルにドラマというフィルタのデモをしていきたいと思います。

f:id:d3dayo:20170502124850j:plain

Snapseedで写真を選択します。

f:id:d3dayo:20170502125458j:plain:w350

右下の「鉛筆」アイコンをタップしてフィルタのメニューを表示します。

f:id:d3dayo:20170502125723p:plain:w350

フィルタから「ドラマ」を選択します。

f:id:d3dayo:20170502130346p:plain:w350

ドラマを選択したらフィルタの画面に切り替わります。画面下にはプリセットのフィルタセットがあるので好みのフィルタを選択して適用します。

f:id:d3dayo:20170502130603p:plain:w350

大雑把にフィルタを選択した後に、フィルタのエフェクトを微調整することができます。このアプリは操作性が少し特殊で画面を上下にスワイプすると設定する項目の変更、左右にスワイプすると各種設定の強弱を変更することができます。

f:id:d3dayo:20170502132105p:plain:w350


このようにしてフィルタをかけた後の写真がこんな感じです。加工前と加工後でどっちがいいかというのは人それぞれだと思いますが、このドラマを使って加工をするとこのように空と雲の感じがくっきりと強く表現されるようになります。

f:id:d3dayo:20170502132414j:plain


食べ物にはグラマーグローというフィルタ

個人的には食べ物の写真は暖色のほうが美味しそうに見えるので?このブログで食べ物の写真をアップする際は、いつもこのアプリでグラマーグローという加工を微かにかけた上でアップするようにしています。

例えばこんなラーメンの写真があるとします。

f:id:d3dayo:20170502133314j:plain

Snapseedでこの写真を開いてフィルタから「グラマーグロー」を選択します。

f:id:d3dayo:20170502134010p:plain:w350

フィルタを編集する画面の下部に表示されるプリセットのフィルタから「5」を選択します。このフィルタは暖色が強めなので、個人的に食べ物にかけるエフェクトとしては最適だと思っています。

f:id:d3dayo:20170502134225p:plain:w350


あとはフィルタをスワイプで微調整して保存すれば、こんな感じの写真になります。加工前と比べて何となく写真に温もりが感じられるようになり、アラが目立たなくなったような気がします。

f:id:d3dayo:20170502134414j:plain


けっこう使えるHDR風というフィルタ

このフィルタは常に使っているフィルタというわけでもないのですが、たとえば元が少し暗めの画像や色のメリハリをつけたい時などに使うと、けっこう写真が映えるフィルタです。対象は風景でも食べ物でも、このフィルタがハマるものであればどっちでも使います。

今回はHDR風フィルタのデモ用写真として、この多摩湖の夕焼け写真を使ってみたいと思います。

f:id:d3dayo:20170502135626j:plain

Snapseedでこの写真を開いてフィルタから「HDR風」を選択します。

f:id:d3dayo:20170502140354p:plain:w350

フィルタを編集する画面の下部にシーンに合わせたプリセットのフィルタが表示されています。今回は風景なので「自然」を選択することにしました。

f:id:d3dayo:20170502140721p:plain:w350


あとはフィルタをスワイプで微調整して保存すれば完成です。加工前に比べると夕焼けのオレンジ部分が特に色の表現が広がったような気がします。このフィルタを使うと「HDR風」という名前だけあって、色の段階が「0→100」のような極端になってしまっている写真でも、擬似的に「0→1→2→3」といった感じで細かく色の段階を表現してくれます。

f:id:d3dayo:20170502141212j:plain


おわりに

本当に多機能なアプリなので、他にもまだまだ細かくいろんな加工ができるのですが、とりあえず私がよく使っている3つの加工を今回はご紹介しました。この3つの加工は1つずつ使ってもいいですし、加工を重ねて1枚の写真に複数使っても良い感じの写真に仕上がったりすることがあります。

それにしても、このアプリのおかげで、手が震えまくって手ブレ補正でも補正しきれない私の写真でも、少しはマシになってくれていると思うので、本当大変重宝させて頂いており、使い始めてから数年が経ちました。

f:id:d3dayo:20170502143245j:plain



他にもアプリに関する記事あります(^^)
d3dayo.hateblo.jp



でででーさん
d3dayo.hateblo.jp


ページTOPへ