カキタクナッタラ

出力することを忘れないように何かを書きます

PCで画像に注釈をサクッとつけたい時に便利なフリーソフト「Monosnap」

f:id:d3dayo:20170622150151p:plain

なんだかんだハウツー系の記事を書くことが多いのでよく画像に注釈をつけているでででーさん(@d3_dayo)です!

このブログでは、よくPowerPointの使い方に関する記事を書いているので、画像への注釈をつける方法としてはけっこう前にパワポでやる方法を紹介したことがあります。

ただ、単に注釈をサクッとつけるだけならパワポではなくて、専用のソフトを使ったほうが早いし楽ちんだと思いますし、何より個人的にはパワポの矢印はあまり好きではありませんΣ(´∀`;)

そこで今回は、私がPCでサクッと注釈をつける時に使っている無料のソフトを、サクッと紹介したいと思います。

Monosnap

monosnap.com

WindowsでもMacでも使うことができます!スマホ版のアプリはないようですね(^_^;)

以前は注釈をつけられる無料ソフトと言えばWindowsでもSkitchが大変人気だったのかなと思いますが、現在はWindowsそしてAndrodでは提供を終了しています(Androidは以前にダウンロードしていれば履歴から使える)

したがって今回紹介するMonosnapは、Skitchなき後の…私のようなWindowsユーザーが重宝するのかもしれません(笑)


使い方

それでは、非常にサクッとではありますが、使い方を紹介したいと思います。今回は、サクッと使えるものなので、あえて紹介もサクっとしたいと思います。

まずは上にリンクを貼ったMonosnapのサイトよりファイルをダウンロード→インストールします。

f:id:d3dayo:20170622140238p:plain

インストール時はそのままトントン拍子で進めていっても、特に余計なアプリケーションまでインストールされるといったこともないので、問題ないかと思います(インストール後、デスクトップに「Monosnap for Games」というショートカットができるかもしれませんが、ゴミ箱行きで問題ありません)


インストールが完了し、Monosnapを起動するとWindows画面右下に常駐するようになります。

f:id:d3dayo:20170622141151p:plain:w474


この常駐アイコンをクリックすると以下のようなメニューが表示されるので「Open image...」を選択します。

f:id:d3dayo:20170622141629p:plain


画像の選択画面から編集したい画像を選ぶと、このようにMonosnap上で画像が表示されて注釈をつけられる状態になります。

f:id:d3dayo:20170622142459p:plain


あとは非常に簡単です。Monosnap画面下にあるメニューから「図形」や「矢印」そして「テキスト」などを簡単に挿入して注釈をつけることができます。

f:id:d3dayo:20170622143312p:plain

この点は操作を細かく記事で紹介していくよりも、実際に弄ってみたほうが体感としてすぐに理解できるのではないかと思います。


注釈をつけ終わったら画面右下にある「Save」から画像を保存すれば作業は完了です!


おわりに

画像への注釈をサクっとつけられるアプリケーションとしては冒頭でふれたSkitchが手軽さという点ではかなり良かったのですが、そのSkitchなき後のWindows環境において、現時点で私が一番使いやすいと思ったのがこのMonosnapでした!

今回は既にある画像に注釈をつける手順をベースに、とてもザックリとした使い方を紹介してみましたが、他にもデスクトップの指定した範囲をスクリーンショットしたり、画面上の動きを録画して動画にすることもできたり…無料なのに大変便利なアプリケーションです!

良い注釈ソフトがないとお困りの方…ぜひぜひ使ってみてください!


他にもWindows関連のお役立ち記事あります!

d3dayo.hateblo.jp



でででーさん
d3dayo.hateblo.jp