カキタクナッタラ

出力することを忘れないように何かを書きます

もしもタイムマシンがあったら「二度め」に挑戦したいと思う時間はありますか?

f:id:d3dayo:20170716144951j:plain

人生「イチ」からやり直してえーー!でででーさん(@d3_dayo)です!

ハハハハ(笑)

というのは冗談ですよ!本当にそんなやり直したいと思う瞬間ってないんですよね。

『時間は未来から過去に流れている』

なんて言ったりしますけど、確かに過去の良し悪しを決めるモノサシは今(未来)だったりするので、今に対して絶望しか感じないとなると…タイムマシンで過去に戻って、あれやこれやをやり直したい!って思うのかもしれませんが、私は…まあ、いろいろ紆余曲折ありますが(皆さん、それぞれにありますからね)今は今でこれが最良の今だと思っているし、きっと未来も明るい!そう信じて疑わないので、もしもタイムマシンがあっても、別にやり直したいという時間はないですね!

い、いや、やっぱり、もしもタイムマシンに乗れるのなら「あの時のG1であの馬に全財産はれば大金持ちだったから…やっぱり戻りたいかも(笑)」なーんて、大人になると卑しいことを考えるようになりますが(笑)

私があえて戻りたい時間として挙げるとしたら『17歳の夏』ですね!!!


9月1日に『二度めの夏、二度と会えない君』という文庫が映画化されて公開されます。

f:id:d3dayo:20170716135346j:plain


当初、失礼ながらも名前だけは知っているという感じでしたが、このニドナツ1000人TVがサポーターとして応援するということで、先週、六本木にあるキノフィルムズさんで開催している試写に私も連れて行ってもらいました!

f:id:d3dayo:20170716135618j:plain


自分ではまだまだ気だけは若いつもりですが…気づけば私も…もうおっさん(爆)

(爆)って使う時点でおっさん(笑)
(笑)って使う時点でおっさんwww
草生やしすぎもおっさん lol


そんなおっさんにも、かつては甘酸っぱい青春時代がありました。

もちろん、私よりおっさんであるアナタにも…そんな甘酸っぱい記憶があるでしょう。

この映画は、そんな心の奥底にしまわれた…忙しさと現実の厳しさで忘れてしまった甘酸っぱさを呼び起こしてくれるものでした。


超ザックリと、このお話のあらすじを私風に紹介すると、


心臓に病を患い、余命幾許もない『森山燐』は大好きなバンドの出身校に転校してきます。そこで人生最後に掲げた夢…『文化祭で歌いたい・そして成功させたい』この夢を叶えるためにドラクエのように仲間を集めていきます。そう、バンドをやるには「ギター」「ベース」「ドラム」が必要です。
 
仲間は無事集まり、文化祭で歌う夢も無事に叶うのですが…燐の心臓は既に限界…病床に伏すことになります。そこで、このバンドを始めることになった、この物語の主役『篠原智』から愛の告白をうけるのですが…燐は「なんで急にそんなこと言うの?」と戸惑い、そして亡くなってしまいます。
 
智に「ごめんなさい」という一言の手紙だけを残して…
 
時は無情にも過ぎていき、真っ白い粉雪が舞う冬、失意のどん底にあった智は河川敷で足を滑らせて気を失ってしまいます。
 
目が覚めると…そこは、なんと半年前の夏!燐と初めてあったあの夏の日!
 
はたして智は…『あの後悔しか残らなかった一言』を封じ、燐とのかけがえのない時間をやり直せるのでしょうか?
 


いやあ、試写ということで隣の席にも知らない人がいましたし、グッとこらえましたが!!

泣きました(;_;) 泣けました(;_;)


この年頃の時に、本気で好きな人がいて…しかもフラれたりしていると…この映画、本当にそういう甘酸っぱい記憶が蘇りますよ!

そう、私にとっても『17歳の夏』にはそんな思い出がありますね。

当時の自分にとっては、ものすごく好きな人がいたんですけどね~!他校どころか他県にいました(遠い!)

相手の文化祭にも遊び行ったり、なかなかグイグイでアプローチかけてたんですが、いろいろ後悔するような進め方の下手さ・まずさもあり、上手いこと行かなかったですね~。そして『二度と会えない君』になりました。

私は失意のどん底で、毎日毎日、浜崎あゆみさんの『Vogue』をずっと聴いていたことを今でも憶えていますね(^_^;)

常日頃、打率は気にしない(失敗を恐れない)と公言している私ですが、この時の空振り三振だけは後々までけっこう引っ張られたものです。


でも…今は今で私はとても幸せです。すごく良いパートナーにも恵まれてますからね(肉まんさん)

だから、今は別にあの時に戻って、あの時「こう言えばよかった」「ああすればよかった」って思うことはありませんが、かつてはずっと思ってたな~。

「やり直したい」って!


そんな私にとって、本当に胸が痛くて痛くて張り裂けそうになるほど、感情移入できる映画でした!(花より男子を観た時なみに泣いたわw)そして私は…ニドナツ応援団副団長として、この映画を盛り上げていこうと決めました!

さらに、私と同様『しょーもないおっさん』である…あの人 (id:kotetsudesu) が!ニドナツ応援団副団長として助太刀してくれることになりました!金はないが心はある!そして青春もあった!

「甘酸っぱいことなら酸いも甘いも知り尽くした私に任せなさい!」


f:id:d3dayo:20170611173551p:plain

君が笑っただけで幸せだった。
君が怒っただけで眠れなかった。
君が哀しむだけで辛かった。
君と一緒なら、どんな事だって楽しかった。
そして今、妻となった君へ。
20年前のそんな思い。
僕と二度目の青春をやりなおさないか?

こてつさん (id:kotetsudesu) なんかものすごく…切実すぎます!(笑)


アナタには『もしもタイムマシンがあったら「二度め」に挑戦したいと思う時間はありますか?』

あったら、コメントやツイッターで教えてくれると嬉しいです(^^)


9月1日公開!甘酸っぱい青春を思い出して涙腺崩壊する道連れを募ります!

nido-natsu.com



でででーさん
www.d-3.site