東村山

私がよく癒されにいく多摩湖というダム湖の話

投稿日: 更新日: 2017年10月19日

f:id:d3dayo:20170309151131j:plain

今回は私の癒やしスポットである多摩湖というダム湖のことを書こうと思います。(多摩湖ではありません)


志村けんが歌ったことで有名な東村山音頭の歌詞にも「東村山〜庭先ゃ多摩湖〜」とありますが…

多摩湖は東京の東村山市と東大和市そして埼玉の所沢市に囲まれるような立地に存在します。基本的に車やバイク、もしくは自転車などの乗り物で行くのが最も行きやすく、電車での便はあまり良くないところにあります。

多摩湖「村山貯水池」 ダム湖百選

最寄り駅は西武多摩湖線の武蔵大和という駅です。戦艦の名前が2つ並んでとても強そうな駅名ですが、駅の周りには本当に何もなくて…超絶田舎です^^;

しかも武蔵大和駅から多摩湖までは徒歩でけっこう距離があるのと、多摩湖は狭山を登らないといけないので道中ほとんどが登り坂で、散歩やエクササイズにはいいんですが、もしこの辺に住んでたら徒歩はしんどいよなぁ〜という位置にあります。

ちなみに、この武蔵大和という駅は昨年の夏に台風で土砂が崩れて何週間か電車が使えなくなるということがあり、全国ニュースでも報道されていました。

多摩湖は山の中にポツンと広がっているので、初めて行った時は天然湖かと思いましたが、人工のダム湖で別名村山貯水池と呼ばれています。管理・所有は東京都水道局です。

ここまで、ザックリと多摩湖についての概要を紹介しましたが、私は夏場の暑い日は涼みに行ったり、なんか精神が冴えない時はボーッと水面を眺めに行ったり、涼しい風を受けに行ったり、とにかくよく多摩湖に行きます。

f:id:d3dayo:20170309191552j:plain

湖の水分を含んだ心地よい風をうけながらボーッと水面を眺めていると、まるで瞑想しているかのように心が落ち着きます。上手く考えがまとまらない時や、明らかにストレスを感じている時には、時々こうやって障害物の少ない水平線を眺めることで心が風邪をひいてしまわないように保っています。

f:id:d3dayo:20170309192023j:plain

都心に生まれて、海も川も湖も滅多に眺めることはない環境にいたこともあり、広々とした水面はとても美しく見えます。特に美しく見える時間帯は明け方か夕方です。

明け方は水面全域が鏡のようになって、空を綺麗に映し出してくれますし、夕方は夕焼けで空も水面の色も焼けて、とても幻想的になります。

f:id:d3dayo:20170309192511j:plain

ちなみに、夏場は花火を迫力ある距離で観ることができる穴場スポットだったりもします。すぐお隣にある西武園ゆうえんちでは、夏休み期間中のほぼ毎週土日に園内で花火大会を開催するんですが、多摩湖の堤防からもクッキリハッキリ観ることができるんです。

夏場は多摩湖の堤防にレジャーシートを広げて、お弁当やお酒を持って花火を観にくるファミリーをたくさん見かけます。超ベストスポットです!

でも、西武さんにはこれからもずっと続けてほしいので、多摩湖から観るだけではなく、たまにはお金を払って中に入って花火を観ましょう(笑)

f:id:d3dayo:20170309193544j:plain

そんな多摩湖は長い堤防が綺麗に舗装されて散歩コースになっています。そして隣には狭山公園という自然を活かした大きな公園が併設されており、家族でのピクニックにも最適ですし、クロスバイクやロードバイクでサイクリングがてら行くのにも最適です。

都心からもまあまあ近く、足を運んでみると「東京にもこんな広大な自然があるんだな」と、きっと思える場所なので、まだ多摩湖に行ったことがない「都心で疲れて自然に飢えている人」は、機会があればぜひ足を運んでみてください(^^)

多摩湖の近くにはとても美味しいランチが破格で食べられるお店もあります

でででーさん

2017年2月21日はてなブログでカキタクナッタラ開設。2017年10月22日にWordPressへ移行しました。基本的に毎日更新。ウェブ・スマホなどIT関連のネタをメインにラーメンのことや雑談記事など幅広く書きます。たまに変なイラストを描いたりウェブ制作をすることもあります。

あなたにオススメ