PowerPoint アプリ でででのイラスト

【でででのイラスト】水墨画アプリ「Zen Brush」で描いたイラストや文字を「パワポ」で仕上げて1つの汚い画像にしています

投稿日: 更新日: 2017年10月19日

f:id:d3dayo:20170527141331j:plain

どーも!水墨画の達人(噓です)でででーさん(@d3_dayo)です!

このブログではたまに、アイキャッチにも設定した記事冒頭の画像のように…きったないイラストを描いて、半強制的にブロガーさんへプレゼントしたり、稀にリクエストを頂いて(漫☆画太郎先生風の)イラストを描かせてもらっております!

このイラスト部分と汚い題字は以前にこのブログで紹介した「Zen Brush」というアプリを使っているのですが、イラストと題字を合体させて1つの画像にしたり、画像を「4:3」や「16:9」の比率にしたり、カラー化する際はパワポも併用して使っているので、今回の記事ではそのあたりの…私がこの汚い画像をしたためるまでの工程を紹介したいと思います。

Zen Brushでイラストや題字を描く

さて、まずは最も重要な「汚いイラストや題字」を描く際に欠かせないのがこの水墨画アプリです。

www.d-3.site

このアプリは本当の筆で描いているような滑らかさがあって書き味がとても良いので、なんとなくイジイジしているだけでも面白みを感じることができるのですが、この水墨画タッチでこそ!私が表現したい汚さをありのままに描くことができるので非常に気に入っています(笑)

そして、どうやら少なからず、私がこの汚いイラストを描くことによるプレゼンスはあったようで(笑)

ホルスタインおじさん

dacsさん

このアプリをイジイジしてくれるブロガー仲間さんも増えてきました!嬉しい(笑)

さて、このアプリでイラストを描く時はこんな感じでじっくりコトコト煮込むように描いています。こればかりは裏技も何もなくて、慣れが必要なんですが…私も初期の頃に比べると、このアプリで絵を描くことに慣れてきたのか?最近はけっこうスムーズに、そして以前よりも更に汚いタッチで描けるようになってきている気がしますw

f:id:d3dayo:20170527200830p:plain

f:id:d3dayo:20170527200848p:plain

f:id:d3dayo:20170527200900p:plain

ちなみに、この工程紹介のサンプルとして使っているイラストはボロは着てても心は錦「進撃の貧乏人」こてつさん (id:kotetsudesu) からリクエストを頂いて作成したものです(^^)

こてつさん!せっかくなので何か一言どうぞ!

「どじょうすくうなら金をくれー!」こてつです。『昨日より今日はもっと×2!素敵』 BLOG(イケてる大人計画)でコーナーを持たせて頂くことになりました!皆様、よろしくお願いします。

はい、こてつさん!ありがとうございました!こてつさんがそのコーナーで初登場した記事はこちらでございます。

www.waja-next.com

はい、話は水墨画のことに戻そうと思います(笑)イラストと同様に題字もこのアプリで書いていきます。

f:id:d3dayo:20170527200918p:plain

f:id:d3dayo:20170527200930p:plain

f:id:d3dayo:20170527200944p:plain

こうやって「Zen Brush」で1つ1つ描いたイラストや題字を最終的にこんな感じで仕上げるのですが…

f:id:d3dayo:20170526223934p:plain

もちろん、Zen Brushだけではこのように複数の画像を合体させたりはできないので、ここからPowerPointを使います!

パワポで1つの画像として仕上げる

さて、ここからはZen Brushで描いたイラストや題字をPowerPointのスライドに挿入してレイアウトを整え、1つの画像としていきます。

まずはZen Brushで描いたイラストをスライドに挿入します。

f:id:d3dayo:20170527201705p:plain

挿入した画像はこのままだと向きがおかしいのでパワポで回転させます。

画像の回転は、回転させたい画像を選択した状態でリボン(画面上部メニュー)「書式」→「回転」→「左へ90度回転」で変えることができます。

f:id:d3dayo:20170527202352p:plain

あと、画像の余計な部分を削りたい時はパワポの機能で画像をトリミングすることができます。

f:id:d3dayo:20170527210911p:plain

トリミングは、トリミングしたい画像を選択した状態でリボン(画面上部メニュー)「書式」→「トリミング」→「トリミング」で画像の不要な部分を削ることができます。

画像の回転やトリミングといった下準備が完了したら、当該イラストを拡大してスライドのサイズに合わせていきます。

f:id:d3dayo:20170527211313p:plain

続いてZen Brushで描いた題字の画像もスライドに挿入して、同様に画像の回転やトリミングをして下準備をしていきます。

f:id:d3dayo:20170527212617p:plain

そして、こんな感じで体裁を整えていって…

f:id:d3dayo:20170527213002p:plain

あとは、このスライドを画像として保存すれば作業は完了です。

f:id:d3dayo:20170527213238p:plain

上記の作業で、このように1つの画像としてきったないイラストを作成しています(^_^;)

f:id:d3dayo:20170526223934p:plain

なお、今回紹介したパワポのスライドを画像として保存する手順は以下の記事でより詳しく解説をしております!
www.d-3.site

カラー化もパワポのフリーフォームで

これまでにZen Brushで描いたきったないイラストを、さらにパワポのフリーフォームという機能を使ってお絵かきし直すことで、一部カラー化もしています。

f:id:d3dayo:20170517220441p:plain

このあたりの画像がパワポで原画の墨絵からカラー化したものですね(笑)

フリーフォームを使ってお絵かきする手順の詳細は以下の記事で紹介していますが…
www.d-3.site

作業中の画面はこんな感じで福笑いみたいです(笑)

f:id:d3dayo:20170527214220p:plain

もっと簡単な方法はきっとあると思うんですが、私はこの方法に慣れてしまっているので、このブログで生み出されるきったないイラストは全て今回紹介した工程で、このような1枚の題字入りイラストにしておりますm(_ _)m

f:id:d3dayo:20170526081049p:plain

f:id:d3dayo:20170512175352p:plain

f:id:d3dayo:20170512174927p:plain

f:id:d3dayo:20170512175130p:plain

f:id:d3dayo:20170512175941p:plain

最後に!

実は、このブログのどこかで、このきったないイラストを描いて欲しい方向けのリクエストを承っております!(そんなの誰もいないと思っていたんですが、3人ばかし変わっている人がいてリクエストをくださいましたw)

興味がある方は、このブログを上から下までくまなく探してみると…きっと見つかると思いますよ(笑)

そこからリクエスト依頼頂ければ、このものすごくきったないイラストを描かせて頂きますφ(..)

画像編集に関する記事はこんなのもあります!

www.d-3.site

でででーさん
2017年2月21日はてなブログでカキタクナッタラ開設。2017年10月22日にWordPressへ移行しました。IT関係のネタをメインにラーメンのことや雑談記事など幅広く書きます。たまに変なイラストを描いたりウェブ制作をすることもあります。