イケてる大人計画 ブログのこと 雑記

【内容ないよう】「継続」することの大切さを教えてくれたのはダイエット目的で始めたランニングだったということを7,000文字グダる

投稿日: 更新日: 2017年10月19日

f:id:d3dayo:20170627165127j:plain

いやいや、本当にまたダイエットしないと夏なのにミートテックやべーなでででーさん(@d3_dayo)です!(笑)

一応、このブログ開設から今日まで、まだ毎日更新が続いています。

このブログで目標としていることは、決して毎日更新ではなく、とにかくまずは「365記事書くこと」なので、それさえ達成できれば別に毎日更新しなくてもいいと思ってはいるんですが、でも何となく毎日更新というのも、今のところは止めずに今日まできています。


話は変わりますが、昨日、まさかの番組出演をすることになりました(笑)

1000人TVという、エムPさん (id:mptvstaff)に誘われて、私が参加しているイケてる大人計画に紐付いた超革新的な番組プログラムがあるんですが、現在そのWEBサイトの構築を私がやらせてもらっている関係で、スタジオに週2回くらい足を運んでいるんですよね。

こちら、まだ完成ではないけど…ちょっとチラ見せしちゃう(笑)
www.1000tv.jp

で、ちょうど私が居合わせたタイミングで、要はザックリ言えば、一般の人でも何でもゲストに招いて面白おかしく語っちゃう系のゆるぐだな番組配信の日だったもので………。

あぁ、まさにネタとなりやすい素人の私は運悪く、そのタイミングで現地に居合わせた…。というわけで…番組放送開始10分前くらいに急遽出演することになってしまったのです(笑)

この番組に出演した時のことや1000人TVの細かいこと(1000人TVとはなんぞや?的な)については、改めてこのカキタクナッタラで記事にしようと考えていますが、まあ、昨日はお酒が飲める番組が目の前にあったもので、ついつい私も…そのお酒に釣られてノリとイキオイで番組にでちゃったんですけどね( ̄ー ̄)

しかも、いちおう…よくわからないけど「ブロガー」という枠で出たので、大変にヘッポコブロガーな私ではありますが、ブログについても珍しく語らせて頂きました!(私は基本的にブログは趣味なので、こうしたほうがいいとかああすべきといった考えを記事で語ることはないし、人のオピニオンもほとんど参考にしない、自分の世界観で緩くやらせてもらってます)

語らせて頂いたといっても、大して内容は「ないよう」といった具合にトークを展開しまして、結局、何が言いたかったかと言うと…「続けることの大切さ」を言いたかったんですね。

何はともあれ、何をするにも、私はまずトリッキーな立ち回りよりも「継続」こそがとにかく大事だと思っているので…。

ですので、この記事でも「継続」に関するネタを少し書かせて頂けたらと思います。

f:id:d3dayo:20170627165801p:plain

かつての私、継続することが超苦手でした。宿題もやってこない子だったし、子供の頃は野球漬けで毎日野球やってましたけど、自発的に見えないところで努力する作業である「素振り」とか「走り込み」そして「シャドウピッチング」とかは、親から課されたものの怠けてばかりいました。

当然、怠けているもので芽なんて出るわけはなく、私の人生は、いま野球の「や」の字も出てこないほど、野球との関わりは薄いわけです(試合はみてますけどね)

さて、私の人生において「継続」という要素が初めて生じたタイミングは19歳の頃くらいでしょうか?

f:id:d3dayo:20170627170024p:plain

その時期、初めてまともに弄ったPCというものの魅力に超取り憑かれ、そして、これがあれば食っていけるんじゃないか?という期待や想いもあり、そこからは寝る間も惜しんで毎日弄ったし、いつしかそれが本当に仕事となっていたわけです。

ただ、この時は思考として「継続」ということに対して、何か考えてみたわけでもなく、あくまでも本能がそうさせた、死ぬほど好きだからこそガムシャラに毎日続けられたという、まさに野性の衝動がそうさせたという感じです。

まあ、こういう野性の衝動は、それはそれでものすごく大事なことだと思います。本当にやりたいことは「あーだこーだ」考える前に行動しちゃうし、勝手に続くものだと思います。例えば、大好きな異性と会える環境に毎日通ってる時って、毎日通うことが苦になんてならないじゃないですか(笑)気づけば勝手に朝ガバッと起きる略して「朝ガバ」してますよね(笑)

今回書きたい「継続」はこういう、ほっときゃ本能が勝手に解決してくれる「継続」のことじゃなくて、もう少し試行錯誤しないと解決できない事柄に対する「継続」のことです。

私、子供の頃は野球を筆頭に水泳とか柔道とか、いろいろスポーツをやっていたのもあり、食べても食べても太らなかったんです。

それこそ、親もガチでスポーツ選手にしたかったからか、沖縄でいうところの「カメーカメー攻撃(食え食え攻撃)」をされて、毎日、丼3杯くらいはご飯食べてましたけど、タッパが増すことはあれどWidthが増えることはありませんでした(笑)

しかし、大人になると体質と生活そのものの性質って変わるんですよね。お酒も飲むようになったし、濃ゆいラーメンも食べるようになった。見るから見るうちにミートテックを纏うようになりました。

f:id:d3dayo:20170627170211p:plain

「こりゃ脂肪が本当にあかんぞ!」と2011年の春に、そして当時は震災もあり、不測の事態においては「我が体力こそが物を言う」という考え方への変化もあり、ランニングを始めたのです。

いやー、最初のうちは1ヶ月くらい走ってればすぐに痩せると思ってました(笑)でも、現実はそんなことなかった(笑)

体力は戻るんです。元々、体育会系少年だったから、ミートテックの下に秘めた筋肉はあるし、内臓もそれなりに鍛えられている。1ヶ月くらい走れば、過去の蓄積が再び顕在化するようにはなります。

しかし…体重は減らない。

だから、いろいろトリッキーなことをするんですよ。VAAMを飲んでみたりヘルシアを飲んでみたり、それこそ朝は毎日バナナを食べるとか、リンゴだけダイエットなんていうのもやりました。

けどね、結局そういうのだって、長く続けてナンボで、3.4日やって効果なんてありません。否、一時的には体重が落ちますがダイエットとしての効果ではないんですね。

ちょっと話は逸れちゃいますが…

格闘家の減量と一般人のダイエットは似て非なるものです。例えば、60kgがリミットの階級で試合に出てる格闘家って、普段から60kgじゃなくて、もっと体重あるんですよ。

私自身は草食べている草食系の典型、はんぺん系男子とよく呼ばれていますが、周りにはなぜか格闘家がけっこう多くてですね(;´∀`)

彼らは60kgリミットの階級ならば、普段は70kgくらいでいることが多いですね。なんでかというと、格闘家は「スポンジ」のような身体がいいからです。

競馬のジョッキーはレース前とレース後に計量をするのでそうはいきませんが、格闘家の計量って試合前に(前日とか当日)計量するので、計量時にリミット超えてなければいいんですね。むしろ、基本的には体重が重いほうが、あらゆる面で有利なので、計量後、速やかにリバウンドさせる技術というのも格闘家の技術なんです。

59.8kgで計量はパスしたけど、試合時には70kgになっていた。これは攻撃の重みという点で非常に有利なので、外国人の選手なんかは本当に計量から試合までに10kgくらい戻して出てくると、私の知人であるRISEというキックボクシング興行のスーパーフェザー級初代チャンピオンだった方が私に教えてくれたことがあります。

さて、そろそろ話を本題に戻しましょうか。

一般人のダイエット目的は、基本的にどこかのタイミングに合わせるためというわけではないと思うんですよね。いま、ミートテックたっぷりの人が一念発起する時って、別に何らかのイベントのために一回ポッキリで絞りたいわけではなく、恐らく恒久的に絞りたいという願望ですよね?

長きにわたる効果を得るためには、長きにわたる積み上げが必要になります。

ランニング継続1ヶ月やそこらじゃ、元々、ミートテックを纏っていた人は恒久的に絞れた身体は、そうそう手にすることはできません。

「成果は自分の都合が良い期間内では必ずしも表れてはくれない」

ということですね。

私も2011年に一念発起してランニングを始めた時に、そういった現実を知ることとなりました。

ただ、我々一般人は例えばプロ野球の一軍で大活躍しているような選手と比べれば、期間や試行できる回数への制限は遥かにないと思うんです。

別に、誰からか指示されて3ヶ月以内に痩せなきゃいけないわけでもないし、ランニング10回以内で目標体重に到達しなきゃいけないなんていう縛りもない。要は、時間がかかろうが何度トライしようが痩せればいいんです。

そうやって、物事を考えられるようになってから、私はあらゆることを「継続」できるようになりました。

もちろん、仕事なんかだと「納期」もあるので、期間内にやり遂げるという要素も必須です。

ただ、これも頻度の問題で一番最初は「納期」も「質」も落とさないというのは相当に難しいことだと思いますが、数を重ねていくことで、いつしか「納期」も「質」も担保した仕事ができるようになってくると思うんです。

だから、その場合でも大事なことは、まずは数をこなせるように、機会を与えて続けてもらえるように、忘却の彼方へ自分の存在が行ってしまわないように、プレゼンスを出すことを「継続」することも大事だと思います。

さて、かつては何事も続けることが苦手な私でしたが、ダイエットのために始めたランニングだけは当時食らいついて、何とかかんとか続けぬくことができたんです。

f:id:d3dayo:20170627170351p:plain

そうしたら、体重は半年で20kgも減って、体脂肪率も10%を切ることができました!

うん、これはさすがに絞り過ぎで「どこぞの格闘家かよ!」という感じなので、今はもちろんそんな状態は維持していないし、むしろミートテックくんなんですが…^^;

でも本当に、ランニングを始めた頃は目の前に達成後の姿なんて全くイメージできなかったんですよね。でもでも、ただひたすらに続けていたら半年後は自分が思ってた以上の素晴らしい成果を得ることができました。

それ以来、私は何事に対しても当時のランニングと同じように、たとえ目の前は闇の中でも…一寸先は闇ではなく「一寸先はハプニング」というイメージを大事にして、まずは粛々と続け抜くようにしています。

ただ、その「続け抜く」ということは決して簡単なことではありません。ランニングに例えるとするなら、雨の日も風の日も…冬場なら雪の日も走らなければいけないわけですし、走っていれば当然のことですが脚は消耗していきます。つまり、道のりは必ずしも平坦ではないし、怪我もしないように注意しなければいけない。

そう、結局、どれだけ意気込んでスタートダッシュを切ったとしても、ゴールまでに怪我をしてしまってリタイアしてしまったら、せっかくのスタートダッシュも意味がなくなってしまいます。

ブログにしても同じことが言えると思います。私はあくまでも365記事書くことがこのカキタクナッタラというブログに対して設定した目標なので、今のところは毎日更新を続けていますが(やれるところまでは毎日続けるということも大事にはしたいので)ただ、それによって、もしも心が風邪をひいたりしそうなスパッと毎日更新は止めると思います。

それは怪我をしない(心が風邪をひかない)ように、一旦止める勇気も長く続けていく上では重要なことだと思うからです。

ここまで「継続」ということに対して、グダグダ語ってきましたが、何かを成し遂げたい人にまずオススメしたいことは「四の五の言わず無心になってまずはとにかく続けてみよう」ということですかね(笑)

続け抜いた先には、自分自身が想像もつかなかった結果や展開が待ちうけていることは往々にしてあります。

さらに、そういった成功体験を1つでも得ることができれば、その後の展開はグッと楽になります。新たなことに挑戦する際も、自分の中でそういった成功体験・成功までの道のりがイメージできるようになれば、真っ暗闇しかない視界の先にさす微かな光明をとらえられるようになると思うんですよね。

そして、続けるためには「無理をしすぎないこと」もきっと大事だと思います!特にブログは…苦しい気分で書いてまで続けるものではないと思いますし、生活リズムを崩してまで書くものではないというか、きっとそういう精神状態ではいつかガラスのように心が割れるんじゃないかと思います。

そんな苦しい状況で書いていると…「もっと早く書ければ!」と思うかもしれません。確かに早く書けたほうがいいですよね~。でも、これが例えばランニングだとしたら、早く走るっていっても限度はあるんですよ。。

自分の現状をしっかり見つめて、自分が出来る範囲のペースで、背伸びせずに続けていくことも大事なんじゃないかと思います!

大変、長々とぐだぐだ「継続」について語ってしまいましたが…

長く続けてりゃきっと何かいいことある!

それを知ったのは「ランニング」を続けたから!

この二言が言いたくてのここまで約6,000文字でした(笑)

最後に…昨日、私が急遽出演することになって、僭越ながらブログを語らせて頂いた番組…もしかしたら探せばどこかにあるかもしれないので、興味がある人はくまなく探してみてくださいね!恥ずかしいので私はURL直撃では教えません(笑)

www.1000tv.jp

でででーさん
2017年2月21日はてなブログでカキタクナッタラ開設。2017年10月22日にWordPressへ移行しました。IT関係のネタをメインにラーメンのことや雑談記事など幅広く書きます。たまに変なイラストを描いたりウェブ制作をすることもあります。