PowerPoint アプリ でででのイラスト

オシャレなフォントを使うのもいいけど…最近はZenBrushで手描きした文字を画像として使うのがマイブームです

投稿日: 更新日: 2017年10月19日

f:id:d3dayo:20170926174027p:plain

いつも、依頼されたサイト制作の合間に自分のブログを弄りたくなるでででーさん(@d3_dayo)です!

いま、とある方から依頼されているWordPressサイトのリニューアル作業などをしているのですが、私は人様のサイトを作ったり・弄ったりさせてもらっている時ほど、自分のサイトも弄りたくなる習性があるようです(笑)

ブログのヘッダー画像を変更してみました。

いま、PCから自分のブログを見た時のファーストビューはこんな感じです!なんだか雰囲気だけはちょっとしたポートフォリオサイトのようになっています(笑)

f:id:d3dayo:20170926163455p:plain

そして、スマホから見た時はこんな感じ!

f:id:d3dayo:20170926163811j:plain:w318

良い発想が出てこなくてヘッダーの設定はずっと後手後手な感じでしたが、つい最近、のれん型のヘッダーにしてこれも気に入ってたんですけどね(^_^;)

f:id:d3dayo:20170926164036p:plain:w640

でも、以前に肉まんさんが作ってくれた「でででのキャラ弁」画像は何らかこのブログの素材として使いたかったこと…

www.d-3.site

そして記事タイトルにも書いた通り、最近は画像を作る時に既成のフォントを使うことよりも、手書きした文字を挿入することがマイブームなので今回はこのようなヘッダー画像を設定してみたわけです。

さて、冒頭で紹介したヘッダー画像やこれまでに私が描いてきた『きったないイラスト』に挿入している題字。

これらは全て水墨画アプリのZen Brushを使って、私が指で手書きしたものです。

Zen Brush

Zen Brush
開発元:PSOFT
¥360
posted with アプリーチ

手間はけっこうかかるんですが、このアプリを使ってこのように一文字ずつ書いています。まさに一文字入魂!

f:id:d3dayo:20170926165624j:plain

そしてこの一文字ずつ手書きした文字の画像をPowerPointで編集することでワンフレーズにしているんですが、手順としてはまず手書きした文字の画像をスライドに挿入して不要な部分のトリミングと背景透過をします。

f:id:d3dayo:20170926165856p:plain

トリミングやら背景透過をするのは、これをしないと文字の画像同士が重なり合ってしまい…ワンフレーズの画像に出来なくなってしまいますし、不要な幅が生まれてしまうからですね。

こうやって一文字ずつパワポを使って地道に加工することで…

f:id:d3dayo:20170926170224p:plain

このようなワンフレーズの状態にしています。

f:id:d3dayo:20170926170642p:plain

仕上げとしては、スライドの何もないところでクリックをしてその後にキーボードのCtrl+Aキーを同時押しして、オブジェクトを全選択した状態で選択された画像の上で「右クリック」→「図として保存」をすれば、こうして一文字ずつ加工した画像が全て連なった状態で1つの画像になります。

f:id:d3dayo:20170926171150p:plain

最近はこうして作った手書き文字の画像を素材として使うことにハマっているわけなんです!LINEスタンプ用の題字も…ものすごく手間はかかりましたが…全てこの方法で一文字ずつ書きましたしね(^_^;)

www.d-3.site

個性は出るんじゃないかと思います。

特に私は字が下手なので、そんじょそこらのフォントじゃ再現できないような美しくない字を書きますからね(笑)

というわけで、今回は私が最近作った画像の中には、よく挿入されている汚い文字の秘密に迫ってみましたw

ちなみに、例の『きったないイラスト』は同じくZen Brushを使って、こんな風に描いています!

www.youtube.com

私がこうして画像でよく遊ぶようになったキッカケはこちら!

www.d-3.site

でででーさん
2017年2月21日はてなブログでカキタクナッタラ開設。2017年10月22日にWordPressへ移行しました。IT関係のネタをメインにラーメンのことや雑談記事など幅広く書きます。たまに変なイラストを描いたりウェブ制作をすることもあります。