思い出 真夜中の雑談室 雑記

家から徒歩5分で海に行けた沖縄生活が懐かしい「ででで~presents真夜中の雑談室第28夜」

投稿日: 更新日: 2017年10月19日

f:id:d3dayo:20170926191017p:plain

はいさい!もう4年半くらい沖縄に行ってないでででーさん(@d3_dayo)です!

真夜中に雑談を垂れ流す企画(笑)「ででで~presents真夜中の雑談室第28夜」^^です。

この「真夜中の雑談室」というコーナーは、スイカカクテルが大好き!そしてスイカバーも大好き!だけど在住しているのは別にスイカの名産地ではない真夜中のマンション徘徊人おしょぶ~さん (id:masaru-masaru-3889)が企画したものをシレッとパクっております(笑)

よく絡んで頂いている方はご存知かと思いますが、私は今から約10年ほど前に仕事の長期出張という体で、沖縄に1年間住んでいました。

高校生の頃に修学旅行で行った沖縄、たった数日でその虜となり…「いつか絶対に沖縄に住んでやるぞ!」という強い思いを胸に抱いた私でしたが、その夢は大人になり…20代のうちに…そしてスッカリ忘れてしまった頃に…呆気なく叶ってしまいました。仕事のおかげで!

住んだのはたったの1年間だし、最初のうちは月曜日から月曜日まで毎日仕事…1週間って9日あれば週休2日できるかも~?なんていう状態だったので、沖縄で何をしていたかと言えば…ほとんど仕事です(^_^;)

ですが、そんな生活だったにも関わらず、今でも沖縄生活を振り返ると…決して1記事では語り尽くせないような思い出の数々があります。


中でも今回の雑談テーマである「家から徒歩5分で海に行けた沖縄生活」

ブログだと日本各地のいろんな人が記事を読むことになるので、これが私にとってどれだけ凄いことだったのか?が伝わらないかもしれません。だって、もしかしたら今、海の目の前にある家でこの記事を読んでいる人もいるかもしれないですしね(笑)

そんなの当たり前の生活だという方も多いでしょう。

でも、私にとっては本当に凄いことでした!

f:id:d3dayo:20170926191251p:plain

私は生まれも育ちも東京で新宿付近の…まあ、一般的に都会と言われていて、よくTVとかでも特集される最寄り駅がある街で生まれ育ちました(渋谷区です)

基本的に買い物なんかには困りません。新宿も渋谷もチャリで行ける圏内。

何でもあるところですが、ある意味では何にもないところとも言えます。

確かに便利なんですが、自然も土地もほとんどないんですよね。

だから遊ぶ場所もない。とにかく学校の校庭も公園も狭いのです。

そして川や海もない。

川へ行くには多摩川まで電車で40分くらい?

海へ行くには江ノ島まで電車で1時間半弱?

そんなところに生まれ育ってきたわけですから、沖縄へ住むことになり家から徒歩5分のところに海があるというのは本当にもう大興奮でした!

ましてや、沖縄のコバルトブルーな海!

那覇市は県内でも海が汚いと言われていますが、こっちの海と比べたら凄まじく綺麗です!こっちなんて…海黒いですからね(;´Д`)

私が沖縄で住んでいた家から徒歩5分で行けた海は、波の上ビーチという小さな遊泳可能エリアです。

www.naminouebeach.jp

「小さな遊泳可能エリア」と書きましたが、もちろん海自体は全くもって小さくはありません。ただ、沖縄の遊泳可能なビーチというのは、ブイでこっちの海水浴場よりも小さな区画にしていることがほとんどなんです!

f:id:d3dayo:20170926191514p:plain

この波の上ビーチなんて泳げる範囲は、東京体育館の大プールくらいの範囲ですからね(笑)決して海の中を広く使えるわけではありません。

でも、ゴーグルつけて潜れば那覇の海でも十分すぎるくらい視界良好だし(こっちの海だとなーんにも見えませんw)とにかく歩いていける距離に海があることは本当に最高でしたね!

朝6時から会社に行き、朝4時に会社から徒歩1分くらいのウィークリーマンションに帰り、1時間半くらい目を閉じるだけの生活。

最初の半年はずっとこんな感じだったので、ものすごく癒やしを欲していました。

渡沖してから半年くらいが経ち、カクカクシカジカの理由があって、私はウィークリー以外にマンションを那覇市内に借りて住んでいました。そのマンションから徒歩5分のところにあったのが、この波の上ビーチ

休みの日になると、寝起きそのまんまの状態で水着に着替えて寝ぼけながら海まで歩いていきました。

そして、朝っぱらからビーチの売店でオリオンビールを買って、飲みながら寝てしまう。

f:id:d3dayo:20170926191614p:plain

夕方には前と後ろがオセロな感じの人が一匹出来上がります(笑)

本当によかったなあ~。あの時間と生活。

今は今で東京の田舎に住んでいるので、近所に良い感じの川もあったりして癒やしはちゃんと得ているんですけどね。今でも、この自然という癒やしを得ようとする習慣がついたのは、沖縄で超絶激務を経験したこと、そして沖縄には圧倒的な地球が目の前に…手の届く距離にあったということが影響しているんでしょうね。

さて、今回は沖縄時代を懐かしむ気持ちをツラツラと雑談室で書いてみたんですが、そのキッカケは最近仲良くさせて頂いている沖縄ブロガーである沖縄のおと~さん (id:okinawaok)との絡みが影響しています(^^)/

www.okinawadazo.com

うちなーぐち(沖縄弁)バリバリで沖縄のあれこれを記事で語ってくれています!ちゃんと標準語の訳もつけてくれているので、うちなーぐちがわからない人でも読めるようになっています(*´艸`*)

この沖縄のおと~さん (id:okinawaok)の記事を読む度に、懐かしくなっちゃうんですよね(^_^;)

久茂地の賑やかな感じ
首里の落ち着きを感じさせる貫禄
新都心の忙しなさ
松山のウッハウハな感じ
そして、辻の魑魅魍魎な世界(笑)

(松山とか辻っていうのは大人向けなので興味がある人は検索してみてくださいw)

沖縄の人が沖縄のことを書いた記事を読むと、あの時に吸った空気の味まで思い出します!

f:id:d3dayo:20170926191842p:plain

というわけで、今宵は古謝美佐子さんの『童神』でも聴きながら寝ます!(^^)/

童神~ヤマトグチ~

童神~ヤマトグチ~

  • アーティスト: 夏川りみ,新良幸人,古謝美佐子,京田誠一,吉川忠英
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2003/09/26
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログ (6件) を見る

それでは皆さん、おやすみなさい!

※「真夜中の雑談室」この企画の本家本元はこちら!料理のことを語るとすごく愛が伝わってくる柔らかい文体とお人柄が売りのマンション管理人おしょぶ~さん (id:masaru-masaru-3889)が企画したコーナーです!
osyobu-osyobu-3889.hatenadiary.jp

こちらは「ででで~presents真夜中の雑談室第27夜」!祝200日以上毎日更新!

www.d-3.site

でででーさん
2017年2月21日はてなブログでカキタクナッタラ開設。2017年10月22日にWordPressへ移行しました。IT関係のネタをメインにラーメンのことや雑談記事など幅広く書きます。たまに変なイラストを描いたりウェブ制作をすることもあります。