真夜中の雑談室 競馬 雑記

フランスのシャンティイ競馬場で競馬の祭典「凱旋門賞」が開催されました「ででで~presents真夜中の雑談室第31夜」

投稿日: 更新日: 2017年10月19日

f:id:d3dayo:20171001174614p:plain
私が色鉛筆で描いたオルフェーヴルでございます

昼間に日本で開催した秋のG1第一弾スプリンターズSは惜しくも?外したでででーさん(@d3_dayo)です!

真夜中に雑談を垂れ流す企画(笑)「ででで~presents真夜中の雑談室第31夜」^^です。

この「真夜中の雑談室」というコーナーは、イカスミを食べながら缶ビールを飲むから…飲み口は常にイカクロで真っ黒…ローリングストーンズのペイントイットブラックが大好きなマンション管理人おしょぶ~さん54歳 (id:masaru-masaru-3889)が企画したものをシレッとパクっております(笑)

いや~、昼間のレースは惜しかったと言えば惜しかったんですが、でも当たりか外れかの世界なので惜しくてもしょうがないのです…。当てなければ意味はない…。

フジテレビでも先ほど放送されていたので、競馬に興味がない方でも何となく「凱旋門賞」という言葉を目にしている方も多いかと思いますが、昨日はフランスで「凱旋門賞(フランス語: Prix de l'Arc de Triomphe)」という歴史ある格式の高いレースが開催されました。

このレース、近年はほぼ毎年のように日本からも強豪馬が出走をしており、日本馬がいるからこそ国内でも放送されるわけなんです。

凱旋門賞(がいせんもんしょう、フランス語: Prix de l'Arc de Triomphe)は、フランスのロンシャン競馬場で毎年10月の第1日曜日に開催される競馬の重賞(G1)競走である。距離は芝2400m。ヨーロッパ最大の競走の一つで、国際的に著名なスポーツの催しである。

出典:Wikipedia - 凱旋門賞

f:id:d3dayo:20171001230714p:plain

日本で特に有名なレースと言えば春に行われる日本ダービー、そして年末に行われるグランプリレースの有馬記念だと思います。

www.d-3.site
www.d-3.site

この凱旋門賞というのは日本ダービーと同じ距離2400mを芝コースで走ります。

サラブレッド競走馬というのは1000mを平均1分ちょうどくらいで走るので、2400mのレースだと大体2分30秒以内に決着がつきます。

さて、このレース、開催国フランスのある欧州ではもちろん格式が高く歴史のあるレースなんですが…(日本で言うところのダービーや有馬記念のような価値)

なぜか日本でも大変大変価値の高いレースとして扱われて久しいのです。
その最大の理由は…

日本馬が未だ1頭も勝ったことがないからです!

かつては、あの三冠馬ディープインパクトもこのレースに挑戦しましたが、日本では敵なしと言えたディープインパクトでさえも直線で失速しての三着入線がやっとでした(後に禁止薬物が検出されて失格)ディープインパクトは競馬に興味がない方でも名前くらいは聞いたことがあるかと思います。

db.netkeiba.com

その後、ディープインパクトと同じく三冠馬という日本競馬最高の称号を引っさげてオルフェーヴルというスーパーホースが2年連続で挑戦したものの、大変惜しい内容で2回の挑戦とも2着と…

db.netkeiba.com

数々の日本最強馬が打ち砕かれてきているレースなので賞金以上の価値が高まっていることが日本馬出走の背景にあります。

ちなみに、これまでの日本馬最高着順は2着で、前述したオルフェーヴルという馬が2年連続の2着、それ以前になるとナカヤマフェスタという馬、そして1999年にエルコンドルパサーという馬が2着入線と、合計で3頭の強豪馬があと一歩のところまで詰め寄りました。

db.netkeiba.com
db.netkeiba.com

さて、賞金についてもフランスで開催されるレースの中でこの凱旋門賞はかなり高い方だと思います。賞金総額が大体400万ユーロくらいで優勝馬の賞金が約285万ユーロということで非常に高いです。フランスのレースは基本的に日本よりも賞金相場は安くて、日本で優勝馬は何千万円ももらえるグレードのレースでも、フランスだと900万円くらいしかもらえなかったりするみたいですから、如何にこのレースが特別なレースであるかということがわかります。

ただ、賞金目当てならば日本馬がわざわざ挑戦するメリットは海外遠征費用や優勝できないことも踏まえると薄く(凱旋門賞にエントリーできるレベルの馬なら国内レースで勝てるのでお金目当てならわざわざハイリスクを背負う必要性は薄い)やはり、出走する背景としては「最高」そして「最強」といった栄誉を得たいというのが日本馬参戦への原動力になっています。

そして今年は、日本から二頭の強豪馬が出走しました。

サトノダイヤモンド
サトノノブレス

この二頭の馬主さんは同じで里見治氏というセガサミーの会長です。

以前から馬主活動に力を入れていて高い馬も所有していましたが、なかなかG1と呼ばれる最もグレードの高いレースで勝てる馬が出てこなかった馬主さんなんです。しかし、ようやく昨年(2016年)に所有馬がG1を勝利し、そして今回の凱旋門賞に出走したサトノダイヤモンドという現役最強と呼ばれる馬も出てきて、去年から今年にかけて一番良い波にのっている馬主さんでもあります。

そんなサトノ軍団二頭が出走した2017年凱旋門賞…その結果は…!

残念ながら優勝することはできませんでした(;´Д`)

サトノダイヤモンド15着
サトノノブレス16着

※フジテレビ、間違えてましたね!さすが!

netkeiba - 凱旋門賞2017レース結果

と…日本人としては非常に非常に非常に残念な結果となってしまいましたが、勝ったイギリスのエネイブルという馬は、前評判からも最強そのものでしたが、まさしく最強であることを証明する結果となるレースでした!

db.netkeiba.com

いやあ強かった。ちょっと…あまりにも強いんじゃないかな?この馬は前評判から他の陣営にも徹底マークされていたはずなのに…。

サトノダイヤモンドについては、前走同コースのフランスシャンティイ競馬場で走った結果、そして昨年ライバル馬であるダービー馬マカヒキがこの凱旋門賞に挑戦して(同じくルメール騎手で)惨敗した結果もうけての今日のレース展開だったと思うんですが…たしかにコースも向かなかったとは思うし、実力も…。。。

いずれにせよ、今日の勝ち馬であるエネイブルとの力差は相当あったかな?というレースでした。

今日は残念な結果となってしまいましたが、実はこのサトノダイヤモンド、昨年末の有馬記念では…あのキタサンブラックを破って優勝しています!しかし、キタサンブラックはその雪辱を今年の春に見事果たし、天皇賞という大レースで因縁の相手サトノダイヤモンドを突き放す快勝をしました。

その時点でオーナーの北島三郎氏がキタサンブラックをこの凱旋門賞へと出走させることを一度は明言したんですが、次走である春のグランプリレース宝塚記念でキタサンブラックが大敗を喫したことで全てのプランを白紙に戻してしまい、結局はキタサンブラックの凱旋門賞参戦は幻のものとなってしまいました。(北島三郎氏は元々あまり乗り気ではなさそうだった)

冒頭でも書いたように、競馬というのは勝つか負けるか、そして当てるか外すかなので…「もし」という考え方は禁物ですが、それでも競馬ファンというのは常に「もし」という幻想を抱き・楽しみ・それを肴にして酒を飲むことだってできます。

もし、今回の凱旋門賞にキタサンブラックが出ていたらどうなっていたでしょうね?(エネイブル相手はキツイ気は正直しましたけどね^^;)

db.netkeiba.com

個人的な見解を申し上げると、私はそこまで凱旋門賞というレースへの価値がわかりません。関係者じゃないし、子供の頃にダビスタで嫌ってほど勝ってますから(笑)という冗談はさておき、芝の性質が本質的に日本のそれと違うので日本馬が凱旋門賞で負けても弱いとは思わないし、逆もまたそうです。海外馬が日本のコースで負けたからといって弱いとは思いません。

凱旋門賞勝利が現在の日本近代競馬が志している方向性における強さを示す指標や栄誉には必ずしもならないと思っているタイプなんですが、でもでも、日本の競馬ファンとしてこの呪縛のようなレース…さっさと勝ってほしいとずっと願っていました。

そして私の競馬観においてはサトノ軍団の馬というのはあまり好きではありません。…が、今日は応援しっかりしましたよ!だから、今…この記事を書きながらもなんとなくモヤモヤモヤモヤしております。悔しいですよね。特に今日みたいに圧倒的な差を感じると本当に悔しい。

いずれ、コース問わず、どこにいっても最強と呼べるオルフェーヴルのような馬がまた出てくると思うので、私はその日まで競馬を追い続けたいと思ってます!(;_;)

というわけで…一応…今日は競馬のビッグイベントなので日本ダービー以来、久しぶりに競馬のことを記事にしてみました!

秋本番に入り、これから日本の競馬もG1シーズンとなり毎週毎週盛り上がるシーズンです。年末にはグランプリレース有馬記念も控えています。

今日の凱旋門賞が日本競馬の人気発展へと繋がれば、1競馬ファンの私にとっても何よりですし、とにかく怪我なくレースが終わったことに安堵しています。

それでは皆さん、おやすみなさい!

※「真夜中の雑談室」この企画の本家本元はこちら!有馬記念まで馬券は買わないけど…有馬記念はガッツリ勝負しちゃう予定のミニストップ管理人おしょぶ~さん (id:masaru-masaru-3889)が企画したコーナーです!
osyobu-osyobu-3889.hatenadiary.jp

こちらは「ででで~presents真夜中の雑談室第30夜」!開設から223日!この記事が300記事目になりました!

www.d-3.site

でででーさん
2017年2月21日はてなブログでカキタクナッタラ開設。2017年10月22日にWordPressへ移行しました。IT関係のネタをメインにラーメンのことや雑談記事など幅広く書きます。たまに変なイラストを描いたりウェブ制作をすることもあります。