Windows

ちょっと懐かしいカスタマイズ!?フリーソフトのANIめーかーを使ってWindowsのマウスカーソルを自作のものにする方法

投稿日: 更新日: 2017年10月31日

昔はWindowsのマウスカーソルをドラえもんカーソルにしていたでででーさん(@d3_dayo)です!

非常に雑な仕上がりなんですが…今回はちょっと私にとっては昔懐かしいものを久しぶりに作ってみました。

それは…Windowsのマウスカーソルです。

10年くらい前までは、よくマウスカーソルやデスクトップフォルダの素材屋さんをやっているホームページもあったんですが、スマホ全盛のこの時代…スッカリそういったサイトを見かける機会がなくなりました。


今でこそノリと勢いでLINEスタンプなんて作ることになりましたが、それこそ10数年前…私が初めてパソコンとふれあうようになった頃、ハマっていた作業がこういったマウスカーソルを作ったりホームページの掲示板アイコンを作ったりと、いわゆるドット絵作りだったわけです。

さて、今回はせっかくなのでマウスカーソル作りの手順と、マウスカーソル作りに役立つWindowsのフリーソフトを紹介したいと思います。

ちなみに…この記事用に改めて作ってみたマウスカーソルはこんな感じです。(あの山形ブロガーの亡霊みたいで気味が悪いかも^^;)

f:id:d3dayo:20171011023536g:plain

 

スポンサーリンク

32×32の背景が透過できるようにした(単色にした)アイコンをこしらえる

見出しのタイトル通り、まず最初にやることは32×32ピクセルの正方形アイコンを用意することです。アイコンは最後に背景透過処理を施すので、透過しない部分とは全く異なる色を背景色に設定した画像にする必要があります。こんな感じ!

f:id:d3dayo:20171011024530p:plain:w350

アイコンを用意する方法は…私ならパワポを使ったり、あとはWindows標準のペイントを使ったりですかね?ちなみに今回はペイントでこんな風に頑張ってカーソルの素材となる画像をこしらえました!

f:id:d3dayo:20171011024912p:plain

あ、そうだ!

マウスカーソルなので矢印の部分が必要になると思います。もし…描くのが面倒くさいよ!っていう方はこちらをお使いください。

ちっさいけどこれです↓
f:id:d3dayo:20171011025056p:plain:w32

カーソルにしたいアイコン画像の背景として合成すると、良い感じのマウスカーソルっぽい画像ができあがると思います。

 

フリーソフト「ANIめーかー」をダウンロードする

作成した32×32のアイコンをWindowsのマウスカーソルとして設定するためには、アイコンの拡張子(ファイルの種類)をマウスカーソルとして使えるものに変換する必要があります。

そして変換の作業は、このフリーソフトを使えば非常に簡単です!

上記リンクにアクセスして、ページ中央くらいにある「ダウンロードはこちら」をクリックします。(同じ画面にジャンプしたらもう一度同じ箇所の同じボタンをクリックします)

f:id:d3dayo:20171011025654p:plain

ページが切り替わったら「このソフトを今すぐダウンロード」をクリックして、ファイルをダウンロードします。

f:id:d3dayo:20171011025923p:plain

ダウンロードしたファイルは「anim165.lzh」という圧縮ファイルになっているのでzipファイルのように解凍する必要があります。解凍できるソフトがPCに入っていない場合には、このあたりの解凍ソフト導入がオススメです。

圧縮ファイルを解凍すると、中にこんな実行ファイルが入っているのでダブルクリックして起動します。

f:id:d3dayo:20171011030533p:plain

ファイルを起動すると、ANIメーカーの編集画面が立ち上がってくるので「開く」から先ほどこしらえたカーソルに変換する画像を選択します。

f:id:d3dayo:20171011030832p:plain:w327

次に「透過色を指定」をクリックし、画像の透過したい部分の色をスポイトします。(今回のサンプル画像だと背景の緑の部分)

f:id:d3dayo:20171011031053p:plain:w327

背景の透過が済んだら右下にある「保存」をクリックします。

f:id:d3dayo:20171011031308p:plain:w327

あとは、保存する際のファイル拡張子として「ファイルの種類」から「カーソル(*.cur)」を選択して保存すればマウスカーソルに対応したファイルへの変換は完了です。

 

コントロールパネルからマウスカーソルとして設定する

最後の仕上げです。ここまでの手順でこしらえてきたマウスカーソル画像はWindowsのコントロールパネルからカーソルとして設定することができます。

コントロールパネルから「マウス」という項目を開きます。(コントロールパネルの表示方法を小さなアイコンにするとわかりやすいかも)

f:id:d3dayo:20171011031756p:plain

Windows 10でコントロールパネルを表示する方法 - 121ware.com

「マウスのプロパティ」という別画面が表示されるので、タブから「ポインター」を選択し右下の参照から作成したマウスカーソル画像を選びます。

f:id:d3dayo:20171011032312p:plain:w363

以上の操作で作成したマウスカーソル画像が使用しているパソコンのカーソルとして設定されます。最後に右下の「適用」をクリックしてOKすれば手順完了です。

f:id:d3dayo:20171011032452p:plain:w363

 

おわりに

10年くらい前は、よくこんな風に自作のデスクトップ素材をこしらえては設定して遊んでいたものです。

今回はちょっと懐かしい!?WindowsのマウスカーソルをANIメーカーというフリーソフトを使って自作のカーソルにする手順を紹介しました!

たまにはパソコンの画面を思いっきりカスタマイズすると、見飽きた世界から一変してパソコンを使うのが面白くなるかもしれないですね(笑)

でででーさん

2017年2月21日はてなブログでカキタクナッタラ開設。2017年10月22日にWordPressへ移行しました。基本的に毎日更新。ウェブ・スマホなどIT関連のネタをメインにラーメンのことや雑談記事など幅広く書きます。たまに変なイラストを描いたりウェブ制作をすることもあります。

あなたにオススメ