まとめ 思い出 音楽

「GLAY派か?ラルク派か?」という論争が世代のブームだった私が両バンドの好きな曲を紹介する

投稿日: 更新日: 2017年10月21日

f:id:d3dayo:20171012161958p:plain

ちなみに私は今でもずっとhide派(ハイドじゃないよ?エックスのヒデだよ)なでででーさん(@d3_dayo)です!

今回の記事はどちらかと言えば…「真夜中の雑談室」入りさせたほうが良い記事だったかもしれないですね?

私が中2~高2くらいまでの間はタイトルにも書いた「GLAY派?ラルク派?」という主張を戦わせることが同世代においては非常に流行っていました(笑)

ちなみに私、どっちも大好きです!(笑)

もうオジサン現象が起きていて…邦楽は完全に昔の曲しか耳に入ってこなくなっちゃってるので、今でも移動中やランニング中に聴く曲はGLAYとかラルクとか非常に多いです!

今回はそんな私が両バンドの好きな曲を紹介しようという記事なんですが、できれば…マニアックな曲を紹介したいな~。でも、そこまで筋金入りではなくミーハーファンなので、恐らくは王道路線に偏ってしまうと思うんですが…さっそく紹介したいと思います!

GLAY

ラルクの筋金入りファンが怖いので最初に書いておきますが、特にGLAYを先に持ってきたことに意味はありません!たまたま!(笑)

というわけで、まずはGLAYの好きな曲から紹介していきます!曲の順番はけっこう私の好きな曲順になっているかも?

カーテンコール

BELOVED

BELOVED

シングルではない、BELOVEDというアルバムに収録されている曲です。どの曲もそうなんですけど、歌詞のどの部分を強調して捉えるかによって曲全体のイメージが決まるかと思いますが、私にとっては非常に悲しく切ない「ブルー」に浸れる曲なんですけど、いろんな人に曲のイメージを聞くとけっこう分かれる曲なので面白いです。どっちにしても…ものすごくキザな曲だなとは思いますが、この曲の原型はTAKUROが中学生の時に完成していたと…ビックリですね!私の中で圧倒的に一番好きなGLAYの曲ですこれ!
 
カーテンコール
カテゴリ: ロック

都忘れ

BELOVED

BELOVED

この曲もシングルではなくてBELOVEDの収録曲です。GLAYのアルバムはどのアルバムにもシングルではない名曲が含まれていますが、中でもこのBELOVEDは本当に名曲の宝庫っていう感じで、当時の仲良かった同級生男子は全員このアルバム持っていましたよ!「これを持っていないと話に加われない」そんな感じでした。GLAYの歌詞は全体的にクサイ!でもそのクサさが好きです(笑)そしてこの曲なんてタイトルからしてクサイ!メンバーからも演歌っぽいタイトルということでアルバムへの収録に反対があったそうですが、TAKUROが「このアルバムで一番自信のある部分」と反対を押し切って収録されたという名曲です。
 
都忘れ
カテゴリ: ロック

Winter,again

Winter,again

Winter,again

この曲を聴くと…中学三年生の冬…高校受験直前の頃を思い出します。基本的に勉強嫌いでちっとも勉強しなかった私ですが、さすがにその時期は過去問丸暗記とか?(笑)追い込みをかけていた時期で、この曲を買ってこの曲を聴きながら追い込みかけてましたね~。GLAYの曲はどの曲も総じてカラオケで歌う難易度が高めですが、この曲は最後がかなり高いので…あんまり上手に歌えている人を見たことないかもしれない。
 
Winter, again
カテゴリ: ロック

RAIN

レイン

レイン

GLAYのデビューシングルです。私にとってこの曲は…メロディがいいとか歌詞がいいというよりも…エックスのことが昔からGLAYよりも好きなので、そのエックスのYOSHIKIがプロデュースしている曲ってだけで神曲なんです(笑)歌詞の「激しい雨」とか「涙に濡れた薔薇を咲かせてよ」とか、そして間奏の英語とか、このあたりが非常にかつてのYOSHIKIっぽい楽曲だなあって思います^^;
 
RAIN
カテゴリ: ロック

I'm in Love

pure soul

pure soul

これもシングルではなくてアルバムpure soulに収録されている曲です。コーラスには大勢の著名人が参加しているとのことですね(これ今知ったw)アルバムpure soulは私にとってBELOVEDに並ぶくらいの良アルバムですね!この曲は「古びたアルバム 開いた僕は 若かった両親と 今じゃ歳もそう変わらない 昭和という時代に 僕らをかかえて走った そんな貴女の生きがいが 染みて泣きたくなる」このあたりの歌詞が、アルバムがでた当時よりも今聴くとなんだかとても刺さるんですよね。
 
I'm in Love
カテゴリ: ロック

pure soul

pure soul

pure soul

アルバムpure soulに収録されているタイトル曲です。この曲もI'm in Love同様に歌詞が非常に好きです。いま思えばこのCDを買った当時には理解しきれないような歌詞なんだけど、この曲を聴いてなんとなく勇気づけられて成長してきた…そんなイメージを今でもこの曲に対して持っています。このアルバムリリースから20年近く経ちますが、生きてると本当に「賽を振る時は訪れ 人生の岐路に佇む」こればっかだなって改めて感じます。
 
pure soul
カテゴリ: ロック

ずっと2人で…

ずっと2人で…

ずっと2人で…

GLAY5枚目のシングル曲です。GLAYのラブソング…いや、世代のラブソングとして超定番の一曲だと思います。いま20代の方が結婚式でどんな曲を使ったりするのか?余興でどんな曲が歌われるのか?私はあんまりわからないけど、同世代やちょっと上の世代の方は結婚式でこの曲を使ったり歌うことが非常に多い気がするし、私が高校生の頃はこれを好きな子の前でカラオケとかで歌っていた男子は多数いたと思います(笑)思い出の名曲!
 
ずっと2人で…
カテゴリ: ロック

L'Arc〜en〜Ciel

続いてラルクの好きな曲を紹介していきます!あ!これは個人的などうでもいいことなんですが…私はカラオケでは声質がラルクのほうが合う?みたいでGLAYより歌いやすいので…よくラルクのほうを歌います!ってどうでもいいですね(笑)

the Fourth Avenue Cafe

the Fourth Avenue Cafe

the Fourth Avenue Cafe

元々は4枚目のアルバムTrueに収録されていた曲ですが、10年の時を経て2006年に29枚目のシングルとして再発売されました。個人的にこの曲ヘは深い深~い思い出が高校生の時からあって…私の中ではラルクの圧倒的に好きな一曲です。だけどシングルとして発売されるまではラルクにそこまで興味がない人は知らないってケースもあったり…まあGLAYのカーテンコールや都忘れに立ち位置が似ているところがあります。
 
the Fourth Avenue Cafe
カテゴリ: ロック

Pieces

Pieces

Pieces

調べてみると、この曲発売時点ではラルクのシングルで初めてのソフトバラードだったということですが…たしかに!ラルクの王道路線はHONEYっぽいポップなイメージがありますよね。この曲MVのhideがカッコイイんですよ!絶妙なタイミングで裏声を入れないと歌いこなせない歌なので…歌うのは大変ですが…ついついMV見たさにカラオケではよく歌います(笑)イメージとしては歌詞がいいとかメロディがいいというよりも「カッコイイバラード」ですね。
 
Pieces
カテゴリ: ロック

HONEY

HONEY

HONEY

この曲は1998年7月8日に「花葬」そして「浸食 ~lose control~」と3枚同時でシングル発売された、ラルクを代表する曲と言っても過言ではない楽曲です。ラルクのシングル作品では初のミリオンセラー達成曲なんですね!この曲のMVのhydeスタイルを真似している男子は多数いましたよ!(スプレーで髪をツンツン頭にしてねw)それにしても…3枚同時発売って…当時の私が思ったことは「どんだけ買わせるねん!(笑)」でしたね~全部買いましたけどw
 
HONEY
カテゴリ: ロック

winter fall

winter fall

winter fall

私にとっては永遠の「ザ!冬!」って感じの曲で、これを聴くと冬の気配を感じさせますよね。発売当時は中学生でしたが、仲間内では非常に流行っていた曲でカラオケに行けば必ず誰かしら歌う定番曲の一曲でした。私にとっても楽曲の良さ以上に、あの頃流行っていたという懐かしの記憶が今でも色濃い一曲となっています。
 
winter fall
カテゴリ: ロック

Driver's High

Driver's High

Driver's High

同年に発売されたarkというアルバムからのシングルカットで、アルバム発売から1ヶ月後のリリースにもかかわらずオリコンチャートは初登場2位とまさにラルク絶頂期を代表する楽曲の一つだと思います(当時のオリコンチャートは群雄割拠でランクインは非常にハイレベルな商戦だったと思いますし)この曲は今も昔も変わらず、私にとっては聴いても歌ってもテンションがとにかく上がる曲ですね!明るく激しく盛り上がれる曲の定番です。
 
Driver's High
カテゴリ: ロック

HEAVEN'S DRIVE

HEAVEN'S DRIVE

HEAVEN'S DRIVE

私が高校1年生の時の楽曲です(別にいいけど年齢バレますなw)この曲も当時のラルクを象徴する王道路線のポップで、明るく、そして歌詞はちょっと艶めかしさを感じさせるような…陰と陽を上手に融合させた、ラルクの個性を感じさせる楽曲の一つかなと思っています。4月に発売された曲で、高校生になりたての頃だったので、そんな記憶とも紐付いて今でも強く印象に残っている曲ですね。
 
HEAVEN'S DRIVE
カテゴリ: ロック

花葬

花葬

花葬

先に紹介した「HONEY」そして「浸食 ~lose control~」と3枚同時発売されたシングルの一つで、HONEYとは対象的にラルクが時おり放つ…ちょっとダークな世界観が込められた…これもラルクならではの「らしい」曲だと思っています。そして、ラルクは厳密に言えば、そもそも「V系(ビジュアル系)」ではないと思いますし、「V系(ビジュアル系)」と呼ばれることを昔から非常に嫌いますが、私はV系が子供の頃からけっこう好きで、こういう怪しげな曲はV系的な良さも含まれると思ってます!
 
花葬
カテゴリ: ロック

おわりに

というわけで、今回は両バンドの好きな曲を7曲ずつ…計14曲紹介しました!7曲にした理由は…「神7」だからですかね!?(笑)7という数字が好きなので…あえての10曲とかではなく7曲ずつにしてみました(^_^;)

こうやってまとめてみて自分自身わかったことですが、多分…GLAYのほうがマニアックな曲が紹介できたかもしれないですね?とはいえ、GLAYの楽曲自体が非常に有名なのでどれもこれもマニアックとは言えない感じがしますが、ラルクのほうがアルバム収録曲などよりも代表的なシングル曲を私は好んでいるなという傾向が、こうやって記事を書いてみて判明したことであります!

 

さて、最後に…私は「GLAY派か?ラルク派か?」という主張のぶつけ合いに際しては…いつも「hide派!もしくはLUNA SEA派!」と答えていました(笑)

GLAYもラルクも大好きだけどLUNA SEAも好きだったし…そして今も変わらず私が最も好きなミュージシャンはhideなんです(^_^;)

それはさておき、同世代の方は久しぶりに…もっと若い世代の方であんまり楽曲知らないよ!という方はこの機会にぜひ聴いてみてください(^^)/

GLAYもラルクも超かっこいいので(^^)/

 

他にもこんな記事があります!

www.d-3.site

でででーさん
2017年2月21日はてなブログでカキタクナッタラ開設。2017年10月22日にWordPressへ移行しました。IT関係のネタをメインにラーメンのことや雑談記事など幅広く書きます。たまに変なイラストを描いたりウェブ制作をすることもあります。