WordPress ブログカスタマイズ

【備忘録】ロリポップで無料の独自SSLを設定してWordPressサイトをHTTPS化する手順

投稿日: 更新日: 2017年10月19日

f:id:d3dayo:20171012191419p:plain

※この記事はWordPressのHTTPS化に関する記事です。

今回はロリポップサーバーにWordPressをインストールして使っているケースでの超簡単独自SSLの設定、それからWordPressのHTTPS化までの手順を備忘録がてら記事にします。

ロリポップ!ユーザー専用ページでSSLの設定をする

まず最初にやることはロリポップ側での操作になります。

ロリポップ!ユーザー専用ページにログインをして、左側メニューの「セキュリティ」→「独自SSL証明書導入」と選択していきます。

f:id:d3dayo:20171012175854p:plain

次にページ中段くらいにある「独自SSL(無料)」の中にあるドメイン名の左側にあるチェックボックスにチェックを入れ(wwwのサブドメインにも入れる)「独自SSL(無料)を設定する」ボタンをクリックします。

f:id:d3dayo:20171012180345p:plain

すると、このようにドメインの右に「SSL設定作業中」という文言が表示されます。

f:id:d3dayo:20171012180834p:plain

上記の表示までいったらやることは特にないので、しばらく待ってから(5分~10分くらい)ページをリロードすると「SSL保護有効」と表示が変わっているはずです。これでロリポップ側での設定作業は完了です!

f:id:d3dayo:20171012181446p:plain

一応、上記のロリポップ側での設定でSSLが有効になっているか?確認したい場合は、URLに「https://」をつけてページが表示されるかどうか?表示されるなら独自SSLの設定が有効になっている状態です。ちなみに、表示されない場合でもブラウザのキャッシュが影響していることも多々あるので、その場合はキャッシュを削除する、もしくはブラウザのプライベートブラウジング機能を使って確認してみるのも良いでしょう。

WordPressの管理画面でアドレスを変更する

さて、ロリポップ側での設定が完了しHTTPSでサイトが表示されるようになったら、WordPressの管理画面にアクセスし「設定」→「一般」からWordPressアドレスとサイトアドレス共にhttpsのアドレスに書き換えてページ下の「変更を保存」をクリックします。

f:id:d3dayo:20171012182326p:plain

元々のアドレスをhttpからhttpsに書き換えて変更を保存すると、再度管理画面へのログイン画面へと戻るので、改めて管理画面にログインし直します(ちなみにこの時、もうログイン画面のURLはhttpsになっています)

f:id:d3dayo:20171012182516p:plain

問題なくログインできれば…これでWordPress側での作業も完了です!

.htaccessにコードを追記してリダイレクトさせる

これまでの手順でhttps化に対応した状態でページが開けるようになりました。ただ、従来のhttpのページとhttpsのページと…どちらへもアクセスは出来る状態なので、仕上げとして.htaccessというサーバー上のファイルにコードを追記して、httpのページにアクセスしてきたらhttpsのページへとリダイレクトするように設定します。

FFFTPを使ってサーバー上のファイルにアクセスしている方も多いと思いますが(私もそうです)今回はロリポップ標準のロリポップFTPを使ってのコード追記手順を記載します。

先ほど独自SSLの設定をしたロリポップ!ユーザー専用ページに再度アクセスして、左側のメニューから「サーバーの管理・設定」→「ロリポップ!FTP」と選択していきます。

f:id:d3dayo:20171012183409p:plain

ロリポップFTPにアクセスしたら、基本的には一番上の階層にあるこのファイルをクリックして中身にアクセスします(作業に入る前に念のためファイルをダウンロードしておくなどバックアップ作業をしておいたほうがいいです!)

f:id:d3dayo:20171012185008p:plain

ファイルにアクセスしたら以下のコードをこのように.htaccessの先頭に追記し「保存する」をクリックします。

<ifmodule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</ifmodule>

f:id:d3dayo:20171012185643p:plain

これで全ての作業完了です!httpのURLにアクセスしてきても、自動でhttpsのURLへとリダイレクトされるようになりました。

まとめ

今回紹介したロリポップでの独自SSL設定からWordPressサイトのhttps化、設定は非常に簡単で、全ての作業は待ち時間も含めて大体15分もあれば出来ると思います。

https化したら、既にアナリティクスやサーチコンソールを導入している場合、そっちの設定も見直さなければいけなくなりますが、これについては改めて別の記事で備忘録も兼ねて手順を紹介したいと思います。

こちらの記事では、サブドメインの仮環境で作ったWordPressサイトを本番環境のドメインへと移行する手順を紹介しています。
www.d-3.site

でででーさん
2017年2月21日はてなブログでカキタクナッタラ開設。2017年10月22日にWordPressへ移行しました。IT関係のネタをメインにラーメンのことや雑談記事など幅広く書きます。たまに変なイラストを描いたりウェブ制作をすることもあります。