WPプラグイン

【備忘録】WordPressでカテゴリの一括削除などができるプラグイン「Batch Cat」

投稿日: 更新日: 2017年11月24日

WordPressプラグインを紹介する記事です。
 
このブログははてなブログで8ヶ月間運営してWordPressへと移行しました。
 
はてな時代は最初に選択したカテゴリーが優先的にメインのカテゴリー扱いされたのでその運用だけは徹底して、あとはけっこうフィーリング適当にカテゴリーを2個目3個目と…1記事に対して複数設定していました。しかしWordPressに移ってきたら、その運用が負の遺産となっていることにすぐ気づいてしまったのです。
 
それは…パンくずリストで全く意図しないカテゴリーが選ばれてしまっているということ。
 
パンくずリストはSEO対策的な役割も多少なりとも持っていますからあんまり適当な感じのままにはしたくないということもあり、パンくずリストを複数表示させるようにするか?など、非常に今後どうやって運用していくか悩みましたが、この移行を良い機会とし、これまで杜撰な運用でつけてきた2個目以上のカテゴリーを剥がし、1記事1カテゴリーの運用へと切り替えることにしたのです。
 
さて、はてなから移ってきた時点で335記事ありましたからカテゴリーの再設定作業も地味に面倒なものになります。面倒とぼやいている時間も粛々と作業していればあっという間なのかもしれませんが、できればこういう作業は一括でやりたい!と強く思ってしまうタイプなので、粛々と作業する時間よりも作業を一括にするための手段を探すことに時間を費やしてしまうタイプの私です。
 
そして、なんとか今回私がやりたかったこと・ニーズに適したプラグインを見つけたので、今回はそれを紹介したいと思います。
 
 

スポンサーリンク

カテゴリーの一括追加は標準機能でできる

WordPressを使っている人は既にご存知かとは思いますが、特定カテゴリーの一括追加機能ならWordPressの投稿一覧にデフォルトで搭載されています。
 
一括でカテゴリーを追加したい時は、投稿一覧の「タイトル」という部分のボックスにチェックを入れて一覧表示されている全ての記事が選択されている状態で、「一括操作」となっている部分を「編集」に変更し「適用」ボタンをクリックします。
 

 
適用するとクイック編集のような画面でカテゴリータグを設定することができるので、ここでカテゴリーを追加すると一覧に表示されている記事全てに追加したカテゴリーが適用されます。
 

 
 

WPプラグイン「Batch Cat」

というわけでカテゴリーの一括追加なら、わざわざプラグインを導入しなくても簡単に設定することができますが、私が今回やりたかったのは一括削除を含むカテゴリーの一括変更であり、これは標準機能ではできない操作でしたが、このプラグインを導入すればカテゴリーの一括削除や一括変更(既存のカテゴリーを一括削除して、同時に新しいカテゴリーを一括付与したり)などをすることができます。
 
Batch Cat
 

プラグインのインストール

ここでは手順紹介のサンプルとして「WP Maintenance Mode」という別のプラグイン導入時のスクリーンショットなどを例にしていますが、導入の手順に変わりはありません。

上記リンクのプラグイン紹介ページからプラグインのデータをダウンロードして…

f:id:d3dayo:20170916171458p:plain

自身のWordPress管理画面のサイドメニューからプラグイン→新規追加でダウンロードしたファイルをアップロードする方法でインストールが可能です。

f:id:d3dayo:20170916171805p:plain

或いは、WordPress管理画面のサイドメニューからプラグイン→新規追加で表示したページにある検索欄に「Batch Cat」と入力して検索して、そこからインストールをすることも可能です。

f:id:d3dayo:20170916172039p:plain


スポンサーリンク


Batch Catの使い方

使い方は非常に簡単です。Batch Catをインストールしたら、WordPressの管理画面→「ツール」から設定を開くことができます。
 

 
Batch Catの設定を開いたら、まずは一括編集したいカテゴリーを上のメニューから選び「Search」をクリックします。
 

 
編集したいカテゴリーを選ぶとそのカテゴリーに属している記事のタイトル一覧が表示されるので、一番上のチェックボックスにチェックして一括選択してもいいですし、変更したい記事ごとにチェックを入れて選択していっても構いません。
 

 
そして、このチェックが入っている状態で画面を下の方にスクロールすると、新たにカテゴリーを設定するための一覧が表示されているので、ここからチェックした記事に適用したいカテゴリーを選択することができます。もちろん複数選択も可能です。現在属しているカテゴリーを一覧から選択しなかった場合には、設定を保存する際に自動で元々の設定していたカテゴリー属性は削除されます。
 

 
再設定したカテゴリーを適用する時は、このページ一番下にある「Set categories to posts」をクリックすれば設定が反映されます。
 

 
使い方は以上です。
 
 

まとめ

上記のプラグインを導入し、上記の操作をすれば一括で新しいカテゴリーの付与、カテゴリーの変更、そしてカテゴリー再設定用の一覧から現在属しているカテゴリーを選択しなければ自動で現在のカテゴリーから一括で外れることができます。
 
これのおかげで本来は335記事、手動で直さなければいけなかった作業の時間を「かなりかなりだいぶかなり」削減することができました。
 
このプラグインでカテゴリーの構成を大幅に変更し終わったら、日常的に使うプラグインでもないと思うので、一度アンインストールしちゃっても良いのではないかと思います。このプラグイン、かゆいところに手が届く感じで非常に便利でした!
 
 
以下の記事では、私が実際に使用してみて便利だと思ったもの・役立ちそうだと思ったものを中心に紹介しているWordPressプラグインに関する記事まとめです!新発見もあるかもしれないので、ぜひこちらも覗いてみてください!
 
【保存版】これまでに書いてきた便利なWordPressプラグインの「機能・使い方」紹介記事まとめ | カキタクナッタラ

でででーさん
2017年2月21日はてなブログでカキタクナッタラ開設。2017年10月22日にWordPressへ移行しました。基本的に毎日更新。ウェブ・スマホなどIT関連のネタをメインにラーメンのことや雑談記事など幅広く書きます。たまに変なイラストを描いたりウェブ制作をすることもあります。
あなたにオススメ