雑記

夜中に書いた文章は時間を置いて読み返すとめちゃくちゃ恥ずかしくなる話

投稿日:

夜中に感情がこもることはほとんど書かなくなったでででーさん(@d3_dayo) です!

 
この記事は他愛もない雑談記事です(笑)
 
手紙、メール、LINE、ブログの記事、きっと皆さんも何らかの文によってこの経験をさせられたことがあるのではないかと思いますが、夜…特に夜中に書いた文章って…翌日になって読み返してみるとものすごく恥ずかしくないですか!?
 
すごくポエマーっぽい文になると言えばいいのか?くどくどした文になると言えばいいのか?感情がこもりすぎるんですよね…。
 
あ!これはもちろん…素面での話ですよ!?お酒飲んでからなんてとんでもないです(;・∀・)
 
私なんてお酒飲んでから文章書いたら、それはもう翌日にひと目あてることすら苦痛なものになること必至ですから、お酒がガッツリ入った夜に文字は特に書かないようにしています(前にネタで一回書きましたけどw)
 
そして、お酒が入ってなくても、なるべく夜中に感情を伴うような文章は書かないようにしています。その理由は冒頭で書いた通り、どうしても夜中に書く文章は余分な感情が無意識で込められてしまうからです。
 
 

スポンサーリンク

昔は自分だけかと思っていたがどうやらこれは"人の性"らしい

ブログを通じて、私のイメージがどのように伝わっているのか…私自身は知る由もないんですが、実はけっこう感情の起伏が激しいほうなので、訓練に訓練を重ねてようやく感情が制御できるようになってきたここ数年(感情を制御するためにあえて制御しないという意味のわからない方法で制御してるんですが)
 
こういった思いをする機会が随分と減りましたが、かつては夜中に感情丸出しの長文を書き殴って、その翌日に、奇声をあげたくなるほど恥ずかしくなるというのがルーティンでした(笑)
 
これ、昔は私だけの異常な癖なのかな?なんて思ったこともありましたが、人から話を聞いたり、ネットで事例を調べてみると基本的には皆そうみたいですね。
 
試しに「夜 文章 恥ずかしい」でグーグル検索をすると、上位に出てくる記事のタイトルは、まさに求めてる情報が載ってそうなものばかりです。



これだけ見ても、夜中書いた文章で恥ずかしい思いをした経験がある人は多いということがなんとなくわかります。
 
 

副交感神経が優位な時間は情動が勝るせい?

原因はこういうことらしいです。副交感神経というのは自律神経のことですね。「交感神経と副交感神経」があります。
 
人間は、日中に交感神経が優位となり、夜は副交感神経が優位となるそうで、交互にこういった作用が働くことで人としてのバランスが保たれているそうなんですね。
 
そして交感神経が優位な時は活動的なモードになり、副交感神経が優位な時はリラックスモードに切り替わる、副交感神経が優位な時間帯は緊張感が緩み理性が低下し情動が勝ることが大きな要因となっているそうです。
 
 

夜中に書いた文章はすぐに送らず翌日読み返してからがよさそう


私自身は、夜中に記事を書いても感情を表現する記事はほぼ書かない、最近は皆無と言っていいほど書かないようにしています。夜中こそ、ハウツー記事とかアプリのレビュー記事とか客観的に文章が書けるものを題材とした記事をしたためています。理由は…それでだいぶ顔から火を出してきたからです(笑)
 
ブログをやっていると人様の記事もよく読むようになります。そしていろんな記事を読んでいてよく思うことが、後で消してしまう記事を書く人の多くは、けっこう夜中に記事をアップしてますよね。しかも投稿時間を見ると半端なことが多いので、あれは恐らく予約投稿でもない。
 
だからこそ、翌日以降になると、どうしようもないくらいに恥ずかしくなったり、或いは後悔した結果、記事を消してしまうんでしょう。
 
あとは感情丸出しのオピニオン的な記事?こういうのも炎上を時々かなり遠くから(火事場の見物人のように)見かけたりしますが、書いている人もそこまで感情込めたつもりはなさそうなのに感情丸出しになってたりするのは、これもきっと夜中に書いた記事なんだろうなと勝手に妄想しています(^_^;)
 
夜中に書く記事って…ものすごくクサイ言葉で愛を語るとかならまだしも、トゲトゲの突き刺しにいくようなケースもありますからね~。かくいう私もそのタイプで無駄にトゲトゲしくなってしまうという悪癖を持っています。
 
私が夜中に感情表現が必要な文章を書くことを避ける理由は恥ずかしさだけではなく…これも大きな要因…。
 
夜中は文章なんて書かずに寝てしまうのが多分もっとも安全、でも夜中だからこそ書きたくなる気持ちが生じることもよくわかります。特にそういう時ほど、「自分の考えや想い」を伝えるための文章が書きたくなるということもよくわかります。
 
だから、もし…夜中に文章を書くのであれば、例えばブログの記事なら、なるべく即座に投稿してしまうことは控えて、一旦は寝てみて、起きてからじっくり読み返す(しかもいつもより多めに)そして問題がなければ投稿するというのを癖付けると、無用な炎上も回避しやすくなると思うし、顔から火が出ることも防げるのではないかと思います。あぁ…こうすると大体はボツになってしまいそうな気もしますが…^^;
 
翌朝って…本当に夜中の自分とは同一人物か!?って思うくらいに感情違いますからね…。
 
 

おわりに

とりあえず、今回このことを記事のネタにする過程で、夜中に書いた文章で恥ずかしい思いをするというのは決してアブノーマルなことではなく、よくあるあるなことだというのがわかりました。改めてホッとしました(笑)
 
本当、夜中に書いた文章って翌日に読み返すと顔から火はでるわ、口から奇声はでるわ、天に召されたくなるくらいには恥ずかしいので、私はこれからも夜中に感情表現をすることはないと、心に固く誓うばかりです。

でででーさん

2017年2月21日はてなブログでカキタクナッタラ開設。2017年10月22日にWordPressへ移行しました。基本的に毎日更新。ウェブ・スマホなどIT関連のネタをメインにラーメンのことや雑談記事など幅広く書きます。たまに変なイラストを描いたりウェブ制作をすることもあります。

あなたにオススメ