Chrome拡張機能

登録したドメインのページを検索結果から除外してくれるChrome拡張機能「Personal Blocklist」

投稿日:

ここのところChrome拡張機能とWordPressカスタマイズの記事を繰り返しなでででーさん(@d3_dayo) です!

 
今回も大変便利なChrome拡張機能の紹介です。
 
一昨日公開した記事では、Chromeにインストールした拡張機能の「有効/無効化」や「アンインストール」などの作業がスムーズにできる、拡張機能を一元管理してくれる拡張機能を紹介しました。

今日この記事で紹介するのは、登録したドメインのページを検索結果から一括で除外してくれる拡張機能です。
 
騙しリンクが多いとか全くタイトル通りの情報が載っていないなどの理由で不快な思いをさせられたサイト・もう2度とアクセスしたくないサイトを自分の検索結果から除外して、忘れた頃にまたキャッチされるといったことを防いでくれる優れものです。
 
 

スポンサーリンク

Personal Blocklist (by Google)

Personal Blocklist (by Google)
インストールはPC版のChromeから上記のリンクにアクセスして「CHROMEに追加」ボタンをクリックするだけです!
 
この拡張機能、提供しているのはGoogleそのものということで、この点も非常に安心することができますね!
 
 

使い方

使い方を紹介しようと思うんですが、この拡張機能…ストアの概要欄にこのような記述があります。
 

Personal Blocklist 拡張機能は、ブロックした URL を Google に送信します。ブロックまたはブロックを解除する際に、本拡張機能はブロックまたはブロックを解除した検索結果が表示されている URL も Google に送信します。ユーザーは、Google が品質とサービスの向上のためにこれらの情報を自由に使用することに同意したものと見なされます。

 
というわけで、サンプルの手順作成時に適当なドメインを登録しちゃうと、そのドメインが何らかの影響を被る可能性が無いとも言えないので、今回はエア除外登録で手順紹介をしていきます(笑)
 

方法1 - 現在表示しているページを除外登録する

まずは除外登録するための方法1です。いま表示しているページに2度とアクセスしたくないと思った時は、そのページを開いている状態でChrome右上に表示されているPersonal Blocklistのボタンをクリックします。
 

 
すると、上の画像にあるように小窓が表示されて、その中に「現在表示中のドメイン/ホストをブロック: ドメイン名」という記載があるので、このテキストをクリックすれば除外登録され、以降は検索結果に当該ドメインのページは表示されなくなります。
 

方法2 - 検索結果の一覧から除外登録する

2つ目の方法は表示された検索結果の一覧から除外登録する方法です。まずは何らかのワードで検索をかけて一覧を表示します。その中に2度と表示したくないと思うコンテンツ or サイトがあったら…
 

 
サイト説明文の下に「ドメイン名 をブロック」という項目が表示されているのでこの部分をクリックすれば、以降は検索結果から除外されるようになります。
 

除外登録を解除する

一度登録したドメインを解除して検索結果に再び表示させたい時は、表示しているサイトを登録する時の手順と同様にChrome右上の拡張機能のボタンをクリックします。
 

 
すると、除外登録しているドメインが一覧となって表示されるので、解除したいドメイン名の左側にある「ブロックを解除」をクリックすれば再び検索結果へと表示されるようになります。
 
 

まとめ

今回、この記事を書きながら改めて感じましたが、この拡張機能は相当便利ですよね!これのおかげでストレスを最小限に、そして効率よく、検索によって有益な情報を得ることができていると思います。
 
Personal Blocklist (by Google)
Chrome使っている人はとりあえず入れたほうがいい…というよりも、どうせなら拡張機能として提供するのでははなく、Chromeのデフォルト機能にしちゃえばいいのにって思いました(^_^;)

でででーさん

2017年2月21日はてなブログでカキタクナッタラ開設。2017年10月22日にWordPressへ移行しました。基本的に毎日更新。ウェブ・スマホなどIT関連のネタをメインにラーメンのことや雑談記事など幅広く書きます。たまに変なイラストを描いたりウェブ制作をすることもあります。

あなたにオススメ