音楽

【Part2】最近聴いた洋楽の中から私の気分を良くしてくれる曲を10曲ピックアップしてみた

投稿日:

やっぱり洋楽はけっこう古い曲が好きなでででーさん(@d3_dayo) です!

 
このまとめ、2017年11月5日の記事でも書いたのですが、自分が作ったYouTubeの再生リストを見てみると前回の14曲では全然網羅できていないので第二弾といきたいと思います。
 
第一弾の記事はこちら!
 
【最近聴いた】作業中に連続再生している洋楽の中から私の気分を良くしてくれる曲を14曲ピックアップしてみた | カキタクナッタラ
ジャンル・年代・列挙する順番、全て直感的なものでバラバラです。
 
 

スポンサーリンク

Hotel California - The Eagles


リリース : 1977年2月
 
この曲は知ったきっかけは、親がまさに世代の人で家でもよく聴いていたこと、それから中学校の時の(893みたいな見てくれの)体育の先生が授業中にラジカセで音量ガンガンにしてかけていたという…意味分からないきっかけなんですが、なんかちょっと寂しげな感じがいいですよね。
 
イメージとしてはテレビがアナログ放送だった頃、全ての番組が終わった26時くらいに夕焼けや夜景の映像と共に流れているような…そんな感じです。あの放送終了後の何となく流れている映像が子供の頃から好きでした。
 
 

Desperado - The Eagles


リリース : 1973年4月
 
もう一曲The Eaglesの名曲です。この曲も知ることになったきっかけは…私の場合は親による影響ですね。本当にこういうのよく流れてましたから。
 
このDesperadoは日本だと平井堅さんがカバーしたこともあったので、洋楽あまり知らないという方でも(私も全然詳しくないけど)聴いたことあるという方は多いかもしれません。
 
メロディはまさに王道バラードという感じ、そして自分が大人になり英語の意味を調べられるようになってから改めて聴くと、歌詞もけっこう染みるんですよね。
 
 

Take It Easy - The Eagles


リリース : 1972年5月
 
すいません、もう一発The Eaglesで!本当けっこうThe Eaglesの曲が好きなんだなって、こうしてまとめていて改めて感じました。
 
この曲に関しては知ることになったきっかけは、中学校くらいの時に毎晩ラジオ聴くのに一時ハマっていたんですね。もう…何の番組かは忘れてしまったけど、リクエスト曲で流れた曲がこのTake It Easyでした。
 
この曲はTake It Easyというタイトル通り、聴いてるとなんだか呑気に構えられるというか、肩の力が良い具合に抜ける前向きなポップというのが個人的に持っているイメージです。これも名曲。
 
 

I Don't Want to Miss a Thing - Aerosmith


リリース : 1998年9月
 
この曲は前回の記事に入れるつもりだったんですが、ついつい忘れてしまって…(;・∀・)
 
ご存知の方も非常に多いかと思いますが、この曲は1998年のブルース・ウィリス主演映画「アルマゲドン」の主題歌です。とてもわかりやすく感動を誘いに来てる…あんまり捻りのない映画だと思いますが…でも私の大好きな映画です!わかりやすく泣けます!(笑)
 
曲もそれに連動してわかりやすく名曲。静と動の起伏があり、映画の映像とマッチさせて聴いてる側を全力で泣かしにこようとする曲です。
 
ちなみに、この映画アルマゲドンに出演している…ブルース・ウィリスの娘役のリヴ・タイラーは私の好きな女優さんなんですが、このAerosmithのボーカルであるスティーブン・タイラーの娘さんです。
 
 

It's My Life - Bon Jovi


リリース : 2000年5月
 
いま30代半ば~40代くらいの人にはやたらとカラオケでBon Jovi、しかもなぜかこのIt's My Lifeに限定して…よくカラオケで歌う人がいるものですが、私もそのクチです(笑)
 
リリースが2000年ということで私は高校生の頃、洋楽にも興味を示すお年頃の時に聴いた曲だからなのかな?
 
カラオケで歌うために、当時は全く読めない・聞き取れない英語に自分で読み仮名をふって歌えるようになるまで練習したものです。この曲を聴くと今でもそんな青春時代の記憶が蘇ります。
 
 

Stayin' Alive - Bee Gees


リリース : 1977年12月
 
この曲はもちろん、私が生まれる前にリリースされている楽曲なんですが、私がこの曲を知るきっかけになったのは同級生の友達の影響なんです(渋い友達がいたものだ…)
 
当初、この曲はシングルとして発売される予定はなかったそうですが、あの…現在はポッチャリ型の名優ジョン・トラボルタが踊り狂っている1977年の映画サタデー・ナイト・フィーバーの劇中に登場するサウンドトラックで問い合わせが殺到し、シングル発売されるようになったとのことです。
 
曲ももちろん良いのですが、この映画のトラボルタも若くてカッコイイんですよね~。
 
 

U Can't Touch This - MC Hammer


リリース : 1990年
 
私が小学校の高学年くらいの時に、私のような日本の一般層にもEAST END×YURIのDA.YO.NE.などの影響でいわゆるラップが流行ったんですよね。小学生の私も学校で韻を踏んだりしてましたもん(笑)
 
そんなこともあって、こういったB系の音楽にもほんの少しだけ興味を持つようになり、私が初めて買った洋楽CDはMC Hammerなんです。
 
この曲・この踊りはCMなどでも使われていたし、香取慎吾さんのMCカマーなんていうネタもスマスマでやっていたので、知っている人は多いんじゃないかと思います。
 
MC Hammerさん、かなり破天荒な人みたいでめちゃくちゃお金持ちだったのに散財でお金がなくなって破産したり、直近ではまさかの検索エンジンの開発に力を入れている(いた)?とか?
 
 

Hey Jude - The Beatles


リリース : 1968年8月
 
The Beatlesに関しては伝説そのもの、もはや説明不要かと思います。
 
本当に、ほぼ全ての曲が名曲なんじゃないかと思いますし、その一曲ごとの知名度も桁外れでアレもコレも良い曲だと思いますが、私が一番好きなのはこのHey Judeです。
 
 

War - Edwin Starr


リリース : 1970年
 
ベトナム戦争時代の反戦の曲ですね。私がこの曲を知ることになったきっかけはジャッキー・チェンとクリス・タッカー主演の1998年の映画ラッシュアワーの主題歌として聴いたことでした。
 
当時は歌詞の内容なんてわからなかったので単純にメロディと声が気に入って好きな曲となりましたが、大人になって歌詞を和訳してみると、本当にその通りとしか思えない歌詞なんです。
 
それにしても…私が生まれた頃は戦争の脅威にこの国は晒されていませんでしたが、情勢はすっかり変わったものです。まさか自分が生きてる時代に日本が多少なりとも戦争を意識することになるとは思ってなかったな~。
 
 

Born to Be Wild - Steppenwolf


リリース : 1968年
 
1969年の映画イージー・ライダーで使われている曲で、もう50年前の曲となるわけですが非常に有名な曲ですね!
 
この曲を知ったきっかけとかは覚えてないくらい、不思議と子供の頃から何となく知っていました。
 
特に高校生の頃にハマった日本のドラマの「池袋ウェストゲートパーク」では主人公の真島マコトの着メロがこの「Born to Be Wild」だったこともあり、けっこう私の周りでは流行っていた曲でもあります。
 
 

おわりに

今回はキリよく10曲でまとめてみましたが、これまだまだ紹介したい曲を網羅できていないので第三弾ありそうです!
 
こうして1曲ずつまとめていくと思うのが、洋楽は映画からの影響が大きいということです。この記事で紹介した曲の半分くらいは映画の主題歌ですもんね。良い映画には良い楽曲がつきものということでしょうか。
 
【最近聴いた】作業中に連続再生している洋楽の中から私の気分を良くしてくれる曲を14曲ピックアップしてみた | カキタクナッタラ
第一弾の記事もぜひどうぞ!

でででーさん

2017年2月21日はてなブログでカキタクナッタラ開設。2017年10月22日にWordPressへ移行しました。基本的に毎日更新。ウェブ・スマホなどIT関連のネタをメインにラーメンのことや雑談記事など幅広く書きます。たまに変なイラストを描いたりウェブ制作をすることもあります。

あなたにオススメ