WPプラグイン

WordPressの移転・バックアップに欠かせないプラグイン「All-in-One WP Migration」

投稿日:

今回紹介するプラグインは非常に使う機会が多いでででーさん(@d3_dayo) です!

 
テスト環境で粛々と作成したブログを本番環境に移す時や、サーバー移転をする時などに大変役立つWordPressプラグインの紹介です。
 
今回紹介する「All-in-One WP Migration」を使えば、記事・画像・プラグイン・テーマ(カスタマイズした内容も含めて)・データベースなどをまるっとバックアップして、まるっと新環境へとインポートすることができます。
 
類似したデータ移行向けのプラグインはたくさんありますが、私はこのプラグインが一番使いやすくエラーも少なくて良いと思っています。
 
 

スポンサーリンク

All-in-One WP Migration


上記プラグインを移行元・移行先の両方にインストールする必要があります。無料版を使いますが、無料版では512MBまでしかインポートすることができないので出力するファイルの容量がそれを上回る場合には、エクスポート時にバックアップしないものとして削ることができます。
 
 

プラグインのインストール

ここでは手順紹介のサンプルとして「WP Maintenance Mode」という別のプラグイン導入時のスクリーンショットなどを例にしていますが、導入の手順に変わりはありません。
 
上記リンクのプラグイン紹介ページからプラグインのデータをダウンロードして…
 
f:id:d3dayo:20170916171458p:plain
 
自身のWordPress管理画面のサイドメニューからプラグイン→新規追加でダウンロードしたファイルをアップロードする方法でインストールが可能です
 
f:id:d3dayo:20170916171805p:plain
 
或いは、WordPress管理画面のサイドメニューからプラグイン→新規追加で表示したページにある検索欄に「All-in-One WP Migration」と入力して検索して、そこからインストールをすることも可能です。
 
f:id:d3dayo:20170916172039p:plain
 
 

All-in-One WP Migrationの使い方

それでは、ここからAll-in-One WP Migrationの使い方を移行元でのデータエクスポート・移行先でのデータインポートと分けて紹介したいと思います。
 

移行元でのデータエクスポート

まずは移行元のWordPressで管理画面左側のメニューに表示されている「All-in-One WP Migration」をクリックします。
 

 
 
例えば、テスト環境でブログのデザインだけ構築して本番環境で新規ブログを立ち上げる場合や、記事や画像などが少ない場合にはエクスポートデータを削る必要はないと思いますので、まずは削らない時の手順を紹介します。とても簡単です。
 
エクスポート先の中からファイルを保存する場所を選択します。今回はPCに直接落とすので「ファイル」を選択しました。
 

 
 
上記の工程で「ファイル」を選択すると、すぐにエクスポートデータがダウンロードできるように自動で処理が始まります。ダウンロードできる状態になると、以下のような画面が表示されるので「DOWNLOAD ドメイン」をクリックします。
 

 
以上で移行先へインポートするためのエクスポートデータのダウンロード完了です。本当にたった1クリックです。
 
 
エクスポートするデータを削る場合
次にエクスポートするデータの容量を削る場合の手順を紹介します。もし、上で紹介した手順で容量が512MBを超過してしまう場合には以下の手順でエクスポートするデータを削ることで、無料版の範囲内に収められるかもしれません。
 
エクスポートデータを削る場合には、「高度なオプション」をクリックして一覧からエクスポートに含めないファイルを選択します。プラグインとかは後からダウンロードすることができるので、とりあえず含めなくてもいいかもしれないですね!
 

 
あとは最初に紹介した手順と同じように、エクスポートデータの保存先を選んでファイルを入手すればOKです。
 

移行先でのデータインポート

上記の手順で移行元のデータをエクスポートしたら、次に移行先でデータをインポートします。
 
移行先でもデータエクスポート時と同じように、WordPress管理画面左側のメニューから「All-in-One WP Migration」→「インポート」をクリックし、「インポート元」から「ファイル」を選択します。
 

 
 
ファイルを選択する画面が表示されるので、先ほど移転元からエクスポートしたファイルを選択するとインポートが始まります。
 

 
 
正常にインポートが完了すると以下のような画面が表示されるので「CLOSE」を押して、再度WordPressにログインし直します(移行元と移行先とのID・パスが違う場合には移行元の情報でログインします)
 

 
以上で作業完了です。ログインし直すと移行元の状態がまるっと反映されているかと思います。
 
 

おわりに

使用後のプラグインは削除してしまっても問題ありませんし、今回紹介した移転作業以外でも日々のバックアップにも活用することができます。
 
よくデザインをカスタマイズするためにWordPressのファイルを編集する人は、状態をバックアップする手段としてこういったプラグインを導入しておいたほうがいいと思います。
 
また、各種プラグインのアップデートにおいても、場合によってはアップデートをかけたことによってレイアウトがおかしくなるもの・正常に動作しなくなるものもあるので、いずれにしても何かしらのバックアップ手段は導入しておいたほうが良いと思います。

移転作業は抜きに純粋なバックアップ・復元のためのプラグインならこちらもオススメです!無料版でも毎日指定した回数の自動バックアップを、定期的にしてくれる便利なプラグインです!
 
今回は基本的に1クリックで移転元のデータエクスポートから移転先へのデータインポートまでできる、超便利なWordPressプラグインを紹介しました(^^)/
 
 
以下の記事では、私が実際に使用してみて便利だと思ったもの・役立ちそうだと思ったものを中心に紹介しているWordPressプラグインに関する記事まとめです!新発見もあるかもしれないので、ぜひこちらも覗いてみてください!
 
【保存版】これまでに書いてきた便利なWordPressプラグインの「機能・使い方」紹介記事まとめ | カキタクナッタラ

でででーさん

2017年2月21日はてなブログでカキタクナッタラ開設。2017年10月22日にWordPressへ移行しました。基本的に毎日更新。ウェブ・スマホなどIT関連のネタをメインにラーメンのことや雑談記事など幅広く書きます。たまに変なイラストを描いたりウェブ制作をすることもあります。

あなたにオススメ