競馬

今日は有馬記念2017!買い目公開!私の最終予想は…馬連一点勝負にかけます!

投稿日:

メリークリスマスイブ!!今日の有馬記念も楽しみだけど昨日の中山大障害が名レースすぎて痛く感動したでででーさん(@d3_dayo) です!

 
このブログは雑記ブログだし、競馬は馬券を買っても買わなくても私にとっては欠かすことのできない楽しみなので、本当はもっと競馬のことを書きたいとも思うのですが、普段はあまり競馬ネタを書くことはありません。
 
その理由は…
 
 
予想の買い目を書いて外すのが恥ずかしいから!
 
 
です!w
 
(記事のネタにしたダービーも見事外しましたしねw)
 
 
偉そうに予想のうんちくを語って平気で外す、それが競馬の醍醐味でもあるんですけどね(笑)
 
 

スポンサーリンク

有馬記念くらいは買い目を記事で晒してみる

とはいえ、今日は有馬記念。そしてキタサンブラックの引退レース。

ここ数年の中ではそこまで競馬に関心がない層の方からも注目されているレースではないでしょうか?(逆に競馬好きにとっては参戦する顔ぶれにちょっと物足りなさを感じるレースでもあるかもしれない)
 
まあ、そんなわけでこのレースくらいは恥をかくこと承知で買い目を記事で晒してみることにしました!
 
普段のレースでは如何に儲かるかを考え、予想にたっぷり時間をかけ、その結果…だんだんアレもコレも怖い一頭に感じるようになり…ついつい買い目が増えてしまうわけですが、有馬記念くらいは直感を頼りに、そして潔く一点勝負で行きたいと思います!
 
さて、私が上にリンクを貼った有馬記念とキタサンブラックの記事でプレ予想としてあげた印は以下。
 
◎ キタサンブラック
◯ スワーヴリチャード
▲ サトノクラウン
△ ミッキークイーン
△ ルージュバック

 
基本的にコロコロと考えが変わる性格なので週の頭に打った印なんてスッカリ忘れてしまう(吐いた唾を飲み込んでしまう)初志貫徹とは無縁の男なんですが、今回は上に挙げた5頭の中から2頭をピックアップした買い目にしました。
 
ちなみにこのブログの性質上、競馬のヘビーユーザーさんばかりがこの記事を読むわけではないので、記事中の用語などはなるべく有馬記念限定参戦の人でもわかりやすく、ヘビーユーザーさんにとってはちょっと焦れったい書き方となること、ご了承ください。
 

本命


やはり本命はこの馬にしました。
 
心情としてもここを勝利して美しくターフから去って欲しいというのもありますし、馬以上に私は武豊ジョッキーの大ファンですから、最後の最後!ここはキタサンブラックに100%の信頼を寄せることにします。
 
ただ、もちろん不安材料はないわけではありません。有馬記念以外でも常に競馬をチェックしている人ならご存知かと思いますが、この馬は休養明け3戦目の成績が決して良い馬ではありません。
 
今年の春に宝塚記念で謎の大惨敗をした時も休養明け3戦目でした。そして今回の有馬記念も秋3戦目。この馬の戦績から見る法則的には負けるタイミングです。
 
ましてや、秋初戦となった天皇賞では超絶悪い馬場でライバルのサトノクラウンと死闘を演じたことによる疲労はあると思いますし、前走3着だったジャパンカップでは落鉄(爪に打ちつけている鉄を落としてしまう、人間で言えば靴が脱げてしまった状態)疑惑もあったものの、なんとなくいつものキタサンブラックっぽくない、終始フワッとした気合が乗り切ってない走りだったようにも感じました。
 
と、ネガティブ要素を挙げたらキリはなくなりそうなんですが、逆に前走で終始フワッとした感じでいつもの勝負根性を発揮しなかったことでお釣りがある状態だとポジティブに考えることにしました。しかも、これが最後のレースなので後先を考えずに目一杯仕上げることができますしね。
 


スポンサーリンク


対抗

私はどうしても穴党、馬券は「予測」ではなく「期待」で買っています。だから的中率が悪いんですが(笑)
 
今回も馬連一点勝負とはいえ、その馬券にはどうしても旨味を求めてしまうわけです。
 
そして私が対抗馬として旨味のある馬として選んだ馬は…

このルージュバックです。
 
かつては史上最強牝馬だの、その能力を高く評価されていた馬ですが、ここまでG1レースの勝利はゼロ。重賞を4勝と決して弱い馬ではないんですが、この馬に各所から寄せられていた高い評価を考えれば、ここまでは期待外れの結果が続いています。
 
ちなみに、私はこの馬が最もチヤホヤされていた頃は周りでが言うほど強い馬だとは思っていませんでしたが、むしろ最近のほうがハマれば強い馬だと思うようになりました。
 
今回、対抗馬として推す理由はまず北村宏司ジョッキーが乗るということ。この騎手はキタサンブラックの主戦騎手が武豊ジョッキーになる前の主戦騎手で、キタサンブラックの菊花賞勝利は武豊ジョッキーとではなく、この北村宏司ジョッキーとのコンビによるものです。
 
ルージュバックの前々走はこの北村宏司ジョッキーが初めて跨り、インコースをつく巧妙な競馬をみせてくれました。
 
今年の漢字は「北」ということでストレートにキタサンブラックを推す人、もうちょっと捻って北村宏司ジョッキーの「北」だと推す人もいますが、私はそういうサイン馬券と呼ばれる買い方には興味はありません(笑)
 
ただ、自分の目でレースをみた感じでは何となく北村宏司ジョッキーとルージュバックは手があってそうなので、この騎手が乗るならG1でルージュバックを絡めた馬券を買おうと前々走を勝った時に決めていました。
 
そしてこのルージュバックという馬、基本的に牝馬限定のレースよりも牡馬との混合レースで結果を出している馬です。また、競馬には1600mや2000m、そして2400mなど「根幹距離」と呼ばれる距離があり、それ以外の距離レースを「非根幹距離」と呼びますが、ルージュバックは非根幹距離のほうが結果を出している馬です。
 
有馬記念は2500mのレースなので非根幹距離、データ上はこの馬が得意としている距離になります。(有馬記念の舞台である2500mで結果を出せているわけではないんですけどね…)
 
あと…対抗馬として推す理由になったのは…夢でみたからです!有馬記念くらいはあまり深く考えずに、そういう自分のくだらない直感を大事にしたいと思います!
 
 

まとめ

はい!
 
というわけで私は今年の有馬記念2-11の馬連一点勝負で行きます!
 
現在のオッズが52.2倍なので発走時間になっても50倍のオッズを割らないのはまあ堅いでしょうね。
 
ということは当たれば100円が5,000円に!1,000円が50,000円になります!夢があっていいですね(笑)
 
まあ…「期待」ではなくしっかりと「予測」をするのであれば怖い馬はまだまだいますよ!
 
例えばG1で無類の強さを発揮するミルコ・デムーロジョッキー騎乗のスワーヴリチャードなんか怖いですし(でもちょっと枠があれかな?)
 
現役馬で唯一キタサンブラックのライバルと呼べるであろうサトノクラウンも今回は世界最高峰のジョッキーであるライアン・ムーアジョッキが騎乗しますから、良好な馬場であろうが一発あってもおかしくないし。
 
前走のジャパンカップではキタサンブラックに完勝した大魔神佐々木主浩氏がオーナーのシュヴァルグランも中山コースは合わないとも言われていますが、ジャパンカップのレースっぷりをみると覚醒した?騎手が変わって本来の力が発揮できるようになった?そんな感じがしますからね。
 
他にはミッキークイーン、サトノクロニクル、レインボーラインなど…。
 
この辺りのお馬さんたちは当然1着まである怖いお馬さんたちなんですが、私は今回2-11の馬連で勝負します!
 
夕方がとても楽しみですね!とにかく一番願うことは全頭ケガすることなく無事にレースを終えてくれることです!
 
子供の頃からダビスタで競走馬ばかり育成していた私が好きな「競走馬ベスト10」をランク付けしてみた話 | カキタクナッタラ

でででーさん
2017年2月21日はてなブログでカキタクナッタラ開設。2017年10月22日にWordPressへ移行しました。基本的に毎日更新。ウェブ・スマホなどIT関連のネタをメインにラーメンのことや雑談記事など幅広く書きます。たまに変なイラストを描いたりウェブ制作をすることもあります。
あなたにオススメ