雑記

小学校時代のマジで怖い話(怖い家族の話)を思い出してしまったので聞いて欲しい…

投稿日:

もう何十年も忘れていたけど、小学校の同級生だったAくんのことを急に思い出しました。
 
Aくんは5人兄弟の上から2番目でほかの兄弟は全員女子なので長男ということになります。
 
私は一応生まれは「昭和」になりますが、昭和と言っても後期なので「服にツギハギをあてる」とか「栄養失調」とはもちろん無縁の世界で育ってきました。私の周りの同級生だってそうです。
 
ただ、そのAくんの家は別です。
 
小学校の高学年になるまでは、子供の私の目から見てもわかるくらいの貧乏な家の子でした。
 
服はいつもボロボロ、膝の部分は破けていて肘の部分にはツギハギがあたっていました。靴も靴下も常に破けていたし。
 
Aくんより下の妹たちも同じような格好をしていました。冬でも寒そうでいつも青っ鼻を垂らしているような感じ。
 
明らかに栄養は不足していて、本当に転んだだけで複雑骨折をしてしまうくらいには栄養が足りていない子でした。
 
住んでいる家も…持ち家か借家かまでは当時子供だった私には知る由もないですが、集合住宅ではない戸建てで、あれがもし持ち家だとしたら土地自体は都心なので高いと思うけど(場所的に上モノと合算したら億は軽く超えてるでしょう)
 
でも建物自体は昔「お金がない!」という織田裕二さん主演の貧乏な兄弟の物語がありましたが、あのドラマに出てくる家のようなボロボロの戸建てに住んでいました。ガラスは破れているしゴミだらけ。木造の超古臭い家でした。
 
 

スポンサーリンク

今思えば…その家はある時から急に羽振りが良くなった

そんなボロボロの家に住んで、ボロボロの服を着て、骨もスッカスカになるくらいには栄養の足りていないAくんをはじめとするその兄弟でしたが、私が小学校6年生の頃(Aくんも小学校6年生の頃)今考えてみると不自然なタイミングで急にその家の羽振りが良くなったのです。
 
まず家を引っ越しました。
 
相変わらずゴミだらけの家で生ゴミ臭が漂うような家だったけど…建物自体は3階建て+地下有りの超豪邸だったと思います。新宿からほど近い都心部ですから、それこそ持ち家なら土地+建物で2億は超えそうだし、借家だとしても決して家賃は安くないでしょうね。
 
そしてAくん自体にも変化がありました。
 
服装は変わらずボロボロでツギハギのあたったスウェット生地系の服ばかり着ていたけど、元々は貧乏でゲームセンターのゲームなんてやれないほどの極貧生活だったはずが、急にゲームセンターに出入りするようになり…しかもゲーム機には50円玉をタワーのように山積みするような子になりました。
 
小学校6年生になるまではジュースを買うお金や公衆電話から電話をかけられるお金すら持ってなかったはず?のAくんが急に巾着袋いっぱいの、巾着袋がパンパンになるくらいの50円玉を常日頃持ち歩くようになりました。冷静に考えて小学生が持ち歩くような金額じゃなかったはずです(50円玉の束だけで1万はあるだろうな…)
 
しかも、ある時に私は豪邸となったAくんの新居にお邪魔させて頂いたことがあるんですが、あんなに貧乏だったはずなのに?Aくんの部屋には当時まだ登場したばかりのプレイステーションや、そしてセガサターン、nintendo64、あとはこれマニアックなハードなんですけどネオジオってわかりますかね?急にあらゆるゲームのハード機を持つような子になっていたのです。
 
 

羽振りの良さだけが異変ではなかった

ここまで書いてきた「急に羽振りが良くなった」件については、すごく好意的に捉えるとすれば「宝くじが当たった」とか「親のビジネスが当たった」とかで解決することができるのかもしれません。まあ、宝くじったって1億円くらいですから…あの家は買えないと思うけどな…。
 
ただ、ここから書いていくことがちょっと不気味。
 
私自身もちょっと慎重に言葉を選んで書きたいと思います。結論から言えばAくんとは小学校を卒業して以来、一度も顔を合わせていないのでどんな大人になっているのか?私は全くわかりません。
 
これから書いていくことを踏まえると…もしかしたらマトモな大人になっていない可能性もあるので、お互いに(私にとってもAくんにとっても)個人を特定されないよう慎重に書きたいと思います。Aくんがもしも変なヤツになっていたとしたら絶対に関わりたくないし。
 
Aくんは5人兄弟であること、そして周りは全て女性の兄弟であることを冒頭書きました。
 
このAくんが(Aくんの家が)羽振りよくなったタイミングでまず長女がいなくなりました。
 
いなくなったというのはあくまでも当時子供だった私目線での感覚なんですけど、でも私からすれば長女がどこかに行ってしまったのか?もしかしたら亡くなってしまったのか?もわからないような形で、ある日突然…その姿を人前に一切現さなくなりました。
 
Aくんの家に遊び行った時もそうです。
 
長女は私よりもAくんもよりも年上ですから私からすれば先輩、元々の絡みは一切ありませんでしたが、家にお邪魔すればその姿くらいは見かけていたものですが、ある時を境にして家の中でも長女を見かけることは一切なくなりました。
 
その長女、つまりAくんのお姉ちゃんというのは現代風の言い方をすれば「引きこもり少女」だったんだと思います。
 
当時はまだ引きこもりという言葉が一般的によく使われる前だったので言葉としての認識はありませんでしたが…すごい暗そうで髪も明らかに洗ってなくて油でペトペトしている感じ(基本的にその兄弟はみんなそうだったけど)
 
だから外で見かける機会はそもそもほとんどなかったけど、でも…ある時までは家に行けば一応は長女もいたんですよね~。それがいつしかいなくなった。
 
しかも…いなくなったのはこの長女だけではないのです。
 
これまたある時を境にして、今度は次女…つまりAくんの妹もいなくなったんです。
 
Aくんの妹については私も面識があったので、当時Aくんに「なんでいなくなったのか?」直接尋ねた記憶があるんですが、確か悪いことをして施設に入ったとか…よくわからない回答だった記憶があります。
 
そもそも悪いことをして施設に入ったって…小学校の中学年くらいでそんなことってあるんでしょうか?
 
この時期(ちょうど羽振りが良くなった時期)、Aくん自身にも異変がありました。
 
元々、ボロボロの服を着ていて血色も悪いし…こう言っちゃ悪いけど気味が悪い子ではありましたが、別に非行少年ではなかったんですよ。弱かったしね。殴ったら一発で骨がバラバラになっちゃうようなヤツだったはずだし…。学校では変わらず大人しかったんです。
 
私とAくん、俗に言うスクールカーストにおいてのレイヤーというかクラスタは違うタイプでした。小学校も高学年になればスクールカーストという概念が生じてきますから、段々とクラスタが変わってくるんですよね。
 
私はバリバリの野球少年だったこともあり、絡む相手や遊ぶ相手がヤンチャというか活発すぎるヤツが多く、対してAくんはもっとゲーマーというかインドアなレイヤーだったので、Aくんの羽振りが良くなった頃はほとんど遊ぶ機会というのがなくなっていたのですが、Aくんとよく遊んでいる友達から聞いた話では…
 
Aくんは歩道橋から車めがけて瓶を投げつけたり、或いは商業施設内で店員さんに意味もなく物(画鋲とかけっこう危ない系)をぶつけたりする子になっていたそうなんです。
 
なんか地味にやってることが危なすぎるし陰険…。
 
私も悪ガキ軍団というかバカタレ軍団の一員だったからピンポンダッシュしたりとか、エアーガンで人を狙撃したりとかは子供だったからあったけど(その節は本当ごめんなさい)でも、歩道橋から瓶は投げないよ…。それ、、、下手すれば相手がお亡くなりになっちゃうじゃん。。。
 
Aくん家の羽振りが良くなった頃、またAくんの姉妹がよくわからないけど世の中から姿を消した頃、Aくんもまた中学年までの時点では想像もつかなかった凶暴性を見せるようになったのです。
 
 


スポンサーリンク


さらに…ちょっと怖い話がある

元々Aくんは羽振りがよくなる前はただただ大人しい子だったんですが、羽振りがよくなってからは前述したように実は瓶を投げたりとか危険極まりない行為をするようになっていったわけで、まあ…それについては伝聞なので本当か?嘘か?は今でもわからないんですが…。
 
でも確かに商業施設内で店員さんに物をぶつけてるという点については私も目撃してしまったことがあるし、よくよく考えてみると言動もおかしくなったんですよね。
 
Aくんには姿を消したお姉さんがいたことを書きましたが…ある日Aくんは私にとんでもないことを教えてくれたのです。
 
「うちのジジイ(おじいちゃん)と長女は◯◯◯してる」
 
ちょっと想像するだけで気持ちが悪くなってくるんですが、◯の部分は適当に文字を当てはめてください。記事では書きたくないし、大人なら誰でもわかるはずです。
 
あんまり記憶はハッキリしないけど、その家にはおじいちゃんもおばあちゃんも住んでたんですよ。そしておじいちゃんはぶっちゃけちょっとおかしい人だったのはなんとなく憶えています。見ず知らずの通行人を怒鳴りつけたり追いかけ回したり。
 
しかも長女と◯◯◯してるだって!?つまり孫とそういうことをしているということなんですが…いや気持ち悪すぎるでしょ…。
 
これはもしかしたらAくんがただ単に嘘ついてそういうことを言っていただけかもしれませんが、でもでも、例えば当時の私はその時点でどうやって子供が産まれるか?とか知らなかったんですよ!キスすると産まれるってマジで思ってましたから(笑)野球以外に興味がなかったのでそういうことに疎かったんです。◯◯◯という単語の意味はなんとなくわかるようになってましたけど、でも本質的な意味はまだよくわかってなかった。
 
それはAくんにしても同じだと思います。決して性的な面で早熟なタイプだったとは思えませんから…。まあ、わからないですけどね~。ムッツリスケベだったのかもしれないし。
 
けど、普通に考えれば実際にそういったシーンを目の当たりにしていたからこそ◯◯◯という言葉が出てきたんでしょう。元々、おじいちゃんのことをジジイなんていうタイプじゃなかったし。しかも長女がある時から姿を消したというのもちょっと引っかかります。何かあったんだろうか?
 
 

現在のAくんは何をしているのか?どうしているのか?

基本的に私立受験組を除けば同じ小学校のメンバーは同じ中学校に上がったわけですが、Aくんは引っ越した豪邸の場所が私達の学区からはちょっと外れていたのか?中学校は別のところに行ったので小学校卒業以来、もう20年以上も姿を見かけていませんし、つい最近まで私もAくんのことなんかスッカリ忘れていました(急に思い出してしまったから記事を書いてみたんだけど)
 
とりあえずAくんのことを思い出した時点でグーグルで関連性のあるワードで徹底的に調べたり、Facebookも小学校時代の繋がりまで遡ってAくんを探してみたんですが見つけることはできませんでした。
 
Aくんは今どうしているんだろうか?生きているんだろうか?
 
まあ…生きていたとしても別に会いたいとは思わないんですけどね。私が知っている後期のAくんがそのまま大人になっているとしたら…なんとなくけっこうまずい人・関わらないほうがいい人になっている可能性が高いので…。
 
そもそも超絶貧乏な家だったのが急に羽振り良くなった点もすごく違和感があって怪しい匂いがプンプンするし、その時期にAくんという少年の人格形成において確実に異変が起きたことは間違いないです。
 
ある時から急にいなくなってしまった長女や次女は?そしてあの家はまだあるんだろうか?
 
いろいろと謎は尽きないけど、あんまり首を突っ込むのも危険な気がするので…これから先もAくんのことについては妄想に留めておこうと思います。
 
事実は小説より奇なり。

でででーさん
2017年2月21日はてなブログでカキタクナッタラ開設。2017年10月22日にWordPressへ移行しました。基本的に毎日更新。ウェブ・スマホなどIT関連のネタをメインにラーメンのことや雑談記事など幅広く書きます。たまに変なイラストを描いたりウェブ制作をすることもあります。
あなたにオススメ